[ カテゴリー » Mac ]

Mavericksでの動作まとめ

Mavericksでの化学系アプリ動作確認のまとめ


Mac OS 10.9 (Mavericks) - What Works?
https://wiki.brown.edu/confluence/pages/viewpage.action?pageId=88506535Link

・ClassicMenu
ログイン時に自動で立ち上がらなくなっているがClassicMenu 2.8.1ちゃんと動作した。開発中止になってるのに。
これでまだまだMacOSのクラシック環境っぽく操作できる。LaunchPadよりはるかに快適。

・Cyberduck
Cyberduck 4.4 is fully compatible with OS X 10.9.だと。動作確認。
https://blog.cyberduck.io/2013/10/24/hello-mavericks/Link

・DiDi for EIJIRO
英辞朗は辞書ブラウザに問題あり。第6版までクラッシュする。最新の第7版もインストールに問題が生じているとのこと。PowerPCからの旧いつき合いだが、削除した。

・GraphClick
GraphClick 3.0の動作確認。ここもサポートが無くなっているが使えるだけ使い続けたい。

・GraphicConverter
GraphicConverter v8.8動いてます。

・HandBrake
HandBrake0.9.9動作してる。

・Igor Pro
Igor proはOSX Mavericksで小さな問題が出たが最新版で対策されたとIgor exchangeで公式発表。

・ImagaJ
ImageJ64はOSX Mavericksで動かないと昨年9月に報告されたが、1.47以降で動作することが判明。どうもOSXのセキュリティに引っかかっただけのようだ。
1.47oをダウンロードし展開して起動すると、最初にjava runtimeのアップデートか「壊れている」警告が出る。java runtimeはインストールのこと。「壊れている」警告の対策については、開発ホームページに指示あり。システム環境設定→セキュリティとプライバシー→一般タブの、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」を「すべてのアプリケーションを許可」にしておく。その後ImageJ64を一度起動させれば「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」の設定は元に戻してよい。
1.47oのHelp→Update ImageJからv1.47pにアプデ可。
開発ホームページの指示。
"The first time you run ImageJ on OS X 10.8 (Mountain Lion), or on later versions of OS X, you may get the message "ImageJ64 is damaged and can't be opened". To work around this problem, go to System Preferences -> Security & Privacy -> General and set "Allow applications downloaded from:" to "Anywhere". You can restore the original setting once ImageJ is running."
http://rsbweb.nih.gov/ij/docs/install/osx.htmlLink

・iWorks
MacBookpro13''mid2010にMavericksインストールしていたら、いつのまにかPages 5.01、Keynote 6.01、Numbers 3.01が無料インストールできるようになっていた。そのまま残っているiWork09(Pages 4.0, Keynote 5.0, Numbers 2.0)も動作。
パワーユーザーに不評のMavericks新iWorksも、iOS経由で流れてきたM$-OFFICEユーザーには好評らしい。つまりはJobsの理想>iWorks09>新iWorks=iOS7版>>>>M$-OFFICEだと?

・KaleidaGraph
KaleidagraphはOSX Mavericksで正常に動作。確認済み。

・LogoVista辞典ブラウザ
リーダーズ英和辞典や広辞苑の辞書に使っているLogoVista辞典ブラウザ 2.7.28de動作を確認。これもPowerPCからのつき合いだが、よくサポートが続いてくれてる。

・MarvinChemシリーズ
Marvin Beans suit(MarvinSketch、MarvinSpace、MarvinView、など)は特に問題ないらしい。
https://www.chemaxon.com/forum/ftopic11832.htmlLink
バージョンはまだ確認していない。

・MathType
MathType日本語版はv6.7をOSX Mavericksのアップデート後に再インストールすべしと公式発表。6.7f日本語版の動作確認。
http://www.senko-corp.co.jp/software/mathtype/Link

・MindNode
MindNode Lite 1.9.3の動作確認。

・OmniOutliner
OmniOutliner 3.10.6 はOSX Mavericksで問題なし"We’re not aware of any issues withOmniOutliner 3.10.6 or 3.10.5.”と公式発表。
http://www.omnigroup.com/blog/author/daveLink
Maverick専用のv4が出た。ようやく画面拡大ができるようになって老眼にはうれしいからアップデートしよう。

・Simple Comic
Simple Comic v1.7問題なし。動作確認

・Skim
Skim v1.4.7問題なく動作している。

・Windows XP
NTFSフォーマットパーティションにSnowLeopardのBootCampを使えば、XPもインストール可能。
http://www.archilys.com/blog/index.php?UID=1387533248Link

— posted by bemybaby at 09:27 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

33台になりました

我が愛するマシンの台数が「30台になりましたLink 」と報告したのが2010年8月。
愛着があって処分できない。数えてみたら、SE/30からMacBook Air mid2013までMacが27.5台。iOSは3台。Macのうち稼働するのが20.5台。0.5というのはVAIOのXPにBasilisk II入れてMacOS 8.1動かしてるから。
予算の残りをかき集めて、Mac Proは無理でもiMac 27'' late2013買えないかな〜。

SE/30
MacBook Air 13'' mid2013
iMac 27'' mid2010
iMac 24'' early2009
MacBook Pro 13'' mid2009

PowerBook G4 15'' 1.5G (2004, PowerBook5,4)
PowerBook G3 Lombard (1999)
iBOOK SE
PowerMac 7100AV x2

Performa 6210
Performa 5270
LC630 x2
LC
LC III

IICi
IIVi
Q700
C650
Classic II

VAIO FR55/B with BasiliskII/WinMac/AppleProK
PC9821 Ne
PC9821 Xa

under Repairs :
iMac Rev.A x2, Classic II x2, Color Classic, SE/30 x2

iOS機はまだ三台だが、4Sの代替わりにiPad Airにするつもり。
iPad4wifi
iPhone4S
IPhone3G

— posted by bemybaby at 10:58 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

OSX MavericksでBoot Camp上にWindows XPを動かす

OSX MavericksでBoot Camp上にWindows XPを動かす。

AppleのMacは、標準添付のBoot Campというソフトを使えば、MacマシンHDに区切った別パーティションにWindowsをインストールして、Winマシンのように走らせることができる。だが、新型OSX MavericksはWindows XPをサポートしていない。
ref.1 Is it possible to install Windows XP on a new Macbook Pro running OS X Mavericks?Link
ref.2 Boot Camp not working after Mavericks updateLink

OSレベルでもアプリでも操作方法や使用感が統一されているのがMacの強み。OSXとなったこの十年はもちろん、96年Jobs復帰後のMacOS、それ以前の漢字talkの時代から、メニューやマウスの扱いもWYSWYGもほとんど同じコンセプトである。したがって、一度基本操作を覚えれば、代替わりしても全てのOS、全てのアプリがそれなりに使える。ところが窓では3.1、95、98とNT、2000、XPは名前だけ類似のまったく別物だったし、それ以降のOSは登場するたびに新しいインターフェースになってるのでユーザーに不要な負担を掛けている。こんな具合にマシンに使われるのは、それが仕事になるシステム管理だけで十分だ。よって私はまだXPを使い続ける。サポートあっても無くてもどうせ脆弱だし、それでもNT系列なのでOSとしての安定性やソフトウェア資産はそこそこあるし。

いろいろ調べてtry & errorしたら、SnowLeopardのインストールディスクのBoot Campを使えば、OSX MavericksでBoot Camp上にWindows XPを動かせることがわかった。以下報告する。

使ったMac:OSX MavericksをインストールしたMacBookPro13 mid2010 (以下MBproと略)
用意するソフト:Windows XPインストールCD、Snow LeopartdインストールDVD。

1)MBproのディスクユーティリティでFAT32パーティションを適当な名前をつけて切る。この時点では起動ディスクはOSXのHDにしている。
2)XPインストールCDを入れてoptionキーを押しながら再起動し、XPインストールCDを選択。
3)XPインストールCDから起動→ブルースクリーンでFAT32パーティションをNTFSフォーマット→XPインストール
4)インストール後Mavericksが再起動するのでoptionキーを押しながら再起動し、XPパーティションのWindows XPを選択。
5)XPのシステムセットアップが起動→XPインストールCD入れてXPインストール続行。
6)XPインストールCD入れたままEastAsian language追加しRegionalOptionをJapaneseにカスタマイズ。
7)引き続き時刻やらドメインやらセットアップ→勝手に再起動しMavericksが立ち上がる。
8)システム環境設定で起動ディスクをXPインストールしたパーティションにして再起動。
9)XP起動の状態でSnowLeopardのOSXインストールDVD入れる。
10)BootCampと認識されるのでsetup.exeをマニュアル立ち上げ→BootCampインストーラが走り各種設定→BootCampインストールされて完了。

ポイントはNTFSフォーマットとSnowLeopardのBootCamp。

参考:
How to install Windows XP without BootCamp Utility on OS X 10.7 to OS X 10.9 Mavericks.
http://www.youtube.com/watch?v=P7zLhN1oulwLink
ゆず日記 ゆずえもんの日記Mountain LionにBoot CampでWindows XPをインストールするLink

— posted by bemybaby at 06:54 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ソフトバンクよ、お前はfonを潰す気か

FONは優れたコミュニティだと思っている。¥1980-でfon ルーターを買って、Linusになっている。
ところがコミュニティに、暗雲が立ちこめている。

あるだけ迷惑、ソフトバンクのWi-Fi。Link としか言いようがない。
↑はソフトバンク「Wi-Fiつかえます」の裏側というtwitterを紹介している。SBの設定使わず普通のLINUSで繋げようとしても、softbank wi-fiのFONにはできないのか?
 って、そうならそれはもはやFONではないだろ!!!

偽FONはFON、正規のはFON_FREE_INTERNETとssidで区別できるとの議論もあるようだが(日本のFONは死んだのか・・・Link )、確かにfonの認証画面が出て問題なく繋がるスポットはある。一方、FON_FREE_INTERNETでもsbの認証エラーが起きるときが少なくない。いや、そういうスポットが増えている。これはFON_FREE_INTERNETというssidを偽FONが詐称している証拠ではないか。
35 名前:bemybaby 投稿日: 2012/09/07(金) 07:09:56
ソフトバンクWi-Fiでもssid FON_FREE_INTERNETを詐称していると証明できます。

こちらは関西在住の長年のLinusであり、同時になぜかsb wi-fiを認証できないsb iPhoneユーザーです。
なぜかsb wi-fiを認証できないので、当然ssid FONでは、ソフトバンクwi-fiの認証エラー画面(一括設定プロファイルのインストールを推奨する画面)が出てしまいます。
一方、Linusですので正規のfonであればsafariが立ち上がり認証と利用に問題がありません。

最近、FON_FREE_INTERNETという名称のスポットで、ソフトバンクwi-fiの認証エラー画面が出ることが多くなりました。東京でも関西でも状況かわりません。

これはソフトバンクWi-Fiがssid FON_FREE_INTERNETを詐称している証拠となると思われます。
sb iPhoneのユーザーは、一括設定プロファイルを削除されてから、FON_FREE_INTERNETに繋げてはいかがでしょう?
safariが立ち上がれば正規のfon、ソフトバンクwi-fiの認証エラー画面が出たら偽FONです
sbよ、お前はfonを潰す気か!偽FONについては偽FON問題LinkソフトバンクのWi-Fiスポットがなぜダメなのか?Link の後半に詳しい。

— posted by bemybaby at 07:25 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

 

ソフトバンクwifiいくらやっても「認証に失敗しました」(怒)

FONの長年のユーザー(LINUS)であって、ソフトバンクwifiの登場までは、SBのiPhoneでも利用していた。

近年、一括設定プロファイルにFONが含まれるようになり、SBの設定が優先されるようだ。ところが何度設定し直しても次の画面しか出てこない。softbank0001やFONにアンテナが立つのだが認証されない。BB mobileには新幹線車中などで快適に利用できているのでハード的な問題ではない。
sb, u die !
SBのく○ったれ!

1)設定ファイルをいったん削除したのち、wifi切ってパケット通信をonにし、sbwifi.jpから設定ファイルを再インストール。
→何十回やってもダメ!
2)sbショップの店員のアドバイスにより設定ファイルをいったん削除、iPhoneをリセットし、iTunesからバックアップを上書きインストール。その後1)を試す。
→ダメ!
3)sbカスタマーサービスのアドバイスによりiTunes側からappなどを個別バックアップして、iPhoneを工場出荷状態にリセット。iTunesとicloudから個別にインストール。電話で指示を受けながら作業した。各種設定もすべて消えるのでappやいろいろな設定を手作業でやり直す。その後1)を試す。
→ダメ!    ←今ここ!
4)sbの主張するには、Appleショップで修理
5)sbからauに乗り換え




sbカスタマーサービスはこれで直らなければAppleショップで修理をと投げてしまう。普通のwifi問題ないんだけど何でやねん。

sbの言うことは信用ならんのでぐぐると、一括設定インストールにおいてsbの応対マニュアルにはない2点の注意事項Link があるようだ。
 1)設定ファイルをいったん削除したのち、wifi切ってパケット通信をonにし、MySoftBnakのホームページからリンクされている設定ファイルを再インストール。
 2)インストールのときユーザーのフルネームの入力が求められるが、MySoftBankに登録されているユーザー名と同じ名前を入力する。

こんな情報はsbのショップ店員とか、カスタマーサービスとかどこからも出てこなかったぞ!
何度も設定させるのは、いちいち3G回線を使わせてカネを盗ろうというわけか?
いちいち3G回線を使わせてカネを盗るシステムとか、例の「偽FON」とか、このあたりはsb社の社風が良く出ている。


— posted by bemybaby at 05:11 am   commentComment [6]  pingTrackBack [0]

ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0234 sec.