[ カテゴリー » 日 記 ]

政治の大事さを知ったので

 民主党政権の効能についての識者の言葉:
井上 和彦 氏 「国民は一票の重さを知った。」
百田 尚樹 氏 「国民が政治の大事さを知った」。
6月15日、佐藤正久氏トークライブ(京都)において。
    一燈照隅 万燈照国 佐藤正久氏トークイベントLink  

保守系の学生運動やっていたものの、実は政治にはあまり興味なかった。それが去年の今頃は、自衛隊の職務にクーデターを入れてくれ〜Link とか、2.26を待望する〜Link とか喚くほどになる。それほど民主党の日本破壊工作に恐怖を感じた。似た思いの国民は少なくなかったようだ。昨年末の総選挙、庵主の住む京都府6区においても、比例復活ではあるが自民代議士が当選した。
ところがその当選したご本人、安藤裕氏Link のことについて実は良く知らない。公報は読んだし、確かに自民で非民主という理由付けができる。確かに銀狼西田昌司氏の応援という保証がある。しかしそれを以て我が投票行動を合理化するのは、いささか無責任と感じる。思考停止と無関心が何をもたらしたか、一票の重さを思い知らされたばかりではないか。

安藤氏の考え方、特に政治家としての国家観、歴史観を知るために「突撃 永田町 みわちゃんねる」に氏が出演した映像は拝見した。http://youtu.be/M8hnAwSTfAQLink
しかしながら、1)我々と同じように民主に憤り、それを糺すために政治家を志したこと、2)以前に駅員さんwやっていたという二点しかどうにも要を得ない。前者は立派だが当たり前過ぎる。無口なのか猫被っておられるのか?この方の主張は何なのだろう?安倍さん復活を日本再生をという切実たる思いを任せて良かったのだろうか?

そんなわけで、木津の知人からの口コミで、気軽に氏の話を聞く集まりがあると知らされて、出かけてみる気になった。6月23日(日)18時より京都府城陽市にて「第3回安藤ひろしと語る会」。主催はたぶん氏の後援会だが、自民党城陽市市議会議員の園崎弘道氏・太田健司氏・村田圭一郎氏が居られたのでたぶん自民の府連も。

以下メモの文責は庵主にある。例によって庵主の妄想に基づき脳内変換しているから、発言の真偽は保証しない。
(30人も入らない小部屋で。日の丸はない。安倍首相との、あるいは西田昌司氏とのポスターが掲示してある。)
この会は動員はしていない。 聞いてやろうと言われる方を集めて少人数で話をしたい。

国会報告。ミンス法案の成立率は三割。議院定数削減法案も参議院で停滞。
議員定数削減には反対。正解のない神学論争だから。公務員も同じ。
(すべては)参議院選挙のあと。

1.健全な野党
自民は意見百出するが、決まれば党は一致する。
「健全な野党がいないのが日本の不幸。」
民主の体たらく、維新の退潮。
安倍内閣に対して批判する党内勢力が必要。党内野党。
例えばTPP問題。反対派も、公約を守るのであれば交渉は認める、と。
(一部の)ネットに見るように、安倍首相に盲目的に賛成するのは(疑問がある)。
健全な党内野党として(必要)。

2.戦後レジームからの脱却
米中会談があった。日本はこれから米中二大国の間で立ち回らなければならない。
米国と一緒にやるのか、中国に付くのか、それとも独立した勢力になるのか、選択のとき。
世界観を。国民の皆さまにも(考えていただきたい。)
党内の議論は成功体験がまだ残っている。
自分の国の中に外国軍隊がいるのは異常。
新しい日本をどうやって作って行くか皆さんと(議論したい)。
参院後にじっくり。
戦後レジームからの脱却。
候補者公募に応じた時には戦後レジームからの脱却が一番大事と主張した。
候補者に通った、てことは認められたんだろう。
大東亜戦争の目的は達成されている。戦争の前後で(植民地解放され)世界地図は一変した。世界史に大きな意義を示している。
国論の統一見解を。教科書も。
慰安婦問題を戦略的に。思いつきではなく、日本の国の主張を統一したうえで戦略的に。

3.アベノミクス三本目の矢
アベノミクス第三の矢が出たら株価が下がった。第一第二の矢と真逆の方向だ(と思われた)から。
20年間、規制緩和自由化してきたが成長しなかった。方向は合ってると説明する。
急いで提案したので詰めてないところはある。参院選の後にしっかりと練り直し。
官僚は日本最高のシンクタンク。官僚には政策提言をしてもらいたい。官僚にも国家観を持ってもらう。

よどみはないが、論旨が前後して今ひとつ主張が掴みにくいところがある。決め打ちしない、そういうスタイルなのか?環境が整うまで本音を口にしないとか、か?
庵主の脳内で印象に残ったのが三点;党内野党が必要、戦後レジームからの脱却、アベノミクス三本目の矢。

・健全な野党がいないのが日本の不幸。党内野党が必要。
 ←党内野党というと、昔の自民に戻ってしまうのではないかという不安がある。
 →党内には高度成長期の成功体験がまだ残っている。それが改革の足を引っ張る。
 課題の存在には同意されたが、その後のお返事が実は印象に残ってないw
・戦後レジームからの脱却
 直接確認した。本人が確かにこの一言を口にされた。これが今夜の収穫。このセクションのみ意外に能弁であらせられたが、これが真の姿なのか。氏が京都の公募に来たときに、面接官の銀狼は氏に対して「あんた、自分と同じこと言ってるLink 」と述べたという。この銀狼の証言が最大の保証だ。とは言え、国旗を掲げないのは、私的な集まりということだからか、そういう演出なのか、これも猫を被ってらっしゃるのかw
 深刻な話、戦後レジームの法的根拠にサンフランシスコ条約がある。これを認めることで日本は独立した。今後、どうやって世界とネゴシエートしていくのか、次に機会があれば伺ってみたい。尖閣を巡る日中戦争に勝利し、社会帝国主義シナの解体と民族独立を達成すれば、新しい戦後秩序が始まるはずだと庵主は思っているのだけれども。
 ・アベノミクス三本目の矢
 ←間接金融が機能していない。日本の国柄に合った支援、講など工夫を。
 →かつて金融は護送船団方式で守られていた。今は銀行にリスクを取れとするのは無理。日本人の助け合いが必要。だが目利きがいない。経営経験のない官僚政治家に支援策は難しい。
 税理士らしく本問題の本質は押さえておられるとの印象は与えてくれた。ただし庵主が期待していたのはイノベーションへの言及、つまり試行錯誤を許容する社会。細かな失敗を繰り返して大きな成功に繋げる仕組みLink である。例えば儲けた企業や個人に税をごっそりかける。でもアーリーステージや新産業の投資に回せば大幅に減免、とか。それがすぐ出てこないとは減点wだけれども、参議院選挙後に詰めていかれるのを期待しつつ注目したい。
失望させてくれるなよ。


— posted by bemybaby at 09:40 pm   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

一燈照隅 万燈照国 佐藤正久氏トークイベント

一燈照隅、万燈照国
 安岡正篤

6月15日、京都市のキャンパスプラザ京都において、日本の現状を知る会(世話人 畑本久仁枝経済人クラブ代表世話人Link )主催の「日本の誇りを取り戻す-国難を乗り越えた日本人の魂と絆-」トークショーを聴いて参りました。参議院議員佐藤正久防衛大臣政務官、作家の百田尚樹氏のお二方の対談をベースに、元海上保安官の一色正春氏がコメンテータ、仕切りは軍事ジャーナリストの井上和彦氏でした。スタッフ司会は京都府立大学公共政策学部講師にして経済人クラブ事務局長の杉岡秀紀先生Link 。なお経済人クラブLink とは「激動の時代における京都経済の活性化、真の経済人育成に向けてメンバーの自己研鑽や相互親睦を深め」「情報交換や異業種交流の場としても」だそうです。

404 File Not Found

 一灯照隅、万灯照国は、このトークイベントで佐藤氏が黒板に大書きされた言葉です。佐藤氏お考えの「一燈照隅 万燈照国」Link は、
 一人一人が、いまできることをしっかりやる。
 万人がやれば、国がよくなる。
庵主の勉強ノートは一燈照隅、万燈照国Link にまとめました。
明治維新終了後からの富国強兵が敗戦で頓挫するまで70年、平和と民主主義で経済に専念していたのがシナの侵略で破綻するまで70年。次の70年のために、いよいよ覚悟を決めねばならぬようです。

以下、トークイベントを聴きながらのメモ。このメモの文章は庵主の脳内変換を経ているため、必ずしも実際の発言を正確に記録したものではありません。表現のニュアンス、発言の真偽についてはノーコメント。責任も取りませんので悪しからず。
入場時に国旗に敬礼。
聴衆も起立しての国歌斉唱から始まった。
司会から各人紹介。まずは百田氏が15分間基調トーク。

百田氏(H) (半端ない声量)日本は今、68年来の危機にある。中国。しかし日本に軍事アレルギー。

井上氏(IN)  (軍事漫談家と振られて)「田嶋陽子です(会場爆笑)」 悪夢の民主であった。
佐藤氏(S) 最近はサダム・フセインではなくさとう宗之の若い頃。中国が半端ではない。国防と外交。太平洋の島々の危機。安倍さんの責任、安倍さん参議院選挙で勝ったことがない。(その結果)管は漁船衝突事件で地検がやったと言い放った。「国のリーダーが主権に関してオレは知らないという態度」。 逆がサッチャー。復活の安倍さんは覚悟を持っている。腹を決めた。ぶれない強さ。永遠の0の宮部の覚悟(と同じ)。終戦後、陛下が国民がひとつに国を作り直そうとのお言葉も。

IN (民主政権の間に)国民は一票の重さを知った。
H 国民が政治の大事さを知った。
H もしかしたら野田前総理は党よりも日本を守るめてに民主をつぶしたのかも知れない。
S 野田前総理のお父さんは自衛官だったから。野田は防衛を嘗めている。素人からど素人になった防衛相。危機に対する備えがない。
H 中国を読み間違えた。石原都知事による尖閣国有化を妨害したから中国が誉めるだろうと。

H 中国は領土を拡げ続けている。(フィリピン)米軍の影響が消えたら出てくる。
一色氏(IS) (トークが始まって30分たって始めて発言w)
IN 民主に煮え湯を飲ませた男(会場笑)。
IS フィリピンでは中国が長年準備してやった。沖縄も。中国のガス田は橋頭堡である。尖閣の次は宮古、次は沖縄。既に多数のガス田。日本では中川昭一のみ唯一帝国石油にやらせた。中国のガス田にはルーピーも金出してる(出資している)。

IS 海保庁は警察。
S  海保(艦船)のガラスは防弾ガラス。しかし海自(艦)は防弾ではない。フネがやられるから(防弾ガラスに意味がない)。ペルシャ湾には防弾ガラスに代えて行った。
IS 自衛官は警察。
H (自衛官が)戦ったら刑法で裁かれる。
S 裁判に訴えられる。
H 訴えられたら人生むちゃくちゃになる。
IS イージス艦漁船衝突事故では、機密の塊イージス艦にがさ入れが入った。
IN (フォローして) 速度、人員の配置など軍事機密なのに。米国がどう思うか。
IS 正当防衛はあるが、証拠が必要。戦闘中記録していなけばならない(会場苦笑)。

IN 改憲。
S 一カ所だけ変えられるとしたら前文。言葉が国の柄(constitution)に合わない。(そのうえ)日本以外は良い国という前提の「諸国民の公正と信義に信頼して、 われらの安全と生存を保持しようと」。自分で守れない。義務と責任の放棄(も問題)。
H 戦勝国が敗戦国に憲法を押しつけるのは歴史はじめて。日本とドイツのみ米軍から憲法押しつけられた。 ドイツは48?回改正してドイツ人のものにした。
IN 護憲派の方々(の言い分は)おかしい。9条改憲したら急に侵略なんてやりますか?「福嶋瑞穂さん聴いてますか?(会場大爆笑)」徴兵制についても。

S (制度の改革?は)現場が一番慎重になっている。徴兵制よりも予備自衛官とか周辺を整備したい。戦争でもない平和でもない自衛隊の派遣、PKO?は曖昧。(軍ではなく)旅行者のごとく。 (イギリス軍がジープでケガ人が出たところに出くわした事例を挙げて、戦闘によるものかただの事故なのか)ホントに困った。
IN 情報の共有さえも集団自衛権にひっかかる。あそこから敵が来たと言うのもダメ。
S TPPのような経済も地域の安定があってのことだから軍事と関連。
H アメリカが尖閣で戦う前に日本がまず戦え。
S 戦闘になって、領海内では米軍を守れる。公海では難しい。
IS (現場は)無理なことをさせられている。 あれもだめ、できるのはやられることだけ。
S 民間船には警察権を行使できるが、公船には警告しかできない。(海保にも)自衛権を(与えないと)。だが海保がやりたがらず、怒りを覚えた。
IS 上の人たちはフネに乗ったことないから。上から無理難題を押しつけられても、日本人はなんとかやっちやうのが悪い。そしたらまた(負荷が)。もう限界。
S 警察権、自衛権(を整理)。海保・警察・自衛隊が連携したことがない。 三年後には中国船が増える。現場のことを考えてやらねば。
IS 海保は例えれば、京都から神戸(の範囲)にパトカー5台で(という状態)。
H 中国は、民間を装って来る。
S 相手がフィリピンなどの南シナ海では軍で(来た)。東シナ海には日本と米軍が居る。漁船巡視船でやろうと思えばやって来る。そのとき一番近い那覇基地からでも420 km離れている。軍を使わない戦いに備える。

IN この国はどうあるべきか?
IS 「最大の敵はアメリカ」。東京裁判、慰安婦、許さないのは内政干渉。なぜ戦争を起こしたかも思考停止。敗戦責任さえも問われてない。アメリカにものを云える国。法律的軍事的に自立。苦難の道だけども。最大の障害は日本国内の反日。国民は選択する覚悟を。
H 苦難の道とは思ってない。意識を変える必要がある。朝日、岩波書店など。朝日も変わる?今年1月に若宮(啓文)主筆が退任。主筆は通常社長になるのに。この人が癌だった。
H 中国は国内問題で悩む。 代議員?の資産一千億。貧富の差があるので、政権が倒れるのが怖い。間違いなく処刑される。
H ヘイハイズ。戸籍に載ってない 一億から数億人。教育も受けられない。安く使われる。
H 中国が戦争を仕掛けないかも知れない。もし負けたら政権が倒れるのが怖い。しかし50年、100年先を見越してやってくる。日本も長い視点で。
S 長期的視点で。先延ばししたダマンスキー島を獲得したのはソ連崩壊の時。
S 中国の経済封鎖のとき国民の覚悟が求められる。主権領土国民を政治が守るが国民の意識を。(黒板に)一燈照隅、万燈照国。一人一人が、いまできることをしっかりやる。万人がやれば、国がよくなる。憲法と同じくらい大事。
S 政治家も覚悟を。イラク派遣の覚悟。家族に無事に帰す。震災の戸羽市長(行方不明の奥さんを後回しに陣頭指揮に立った)。リーダーの責務。他に守るべき命があったから。(リーダーの)後ろには誰もいない。
S これらの覚悟は、終戦後の復興におかれての陛下のお言葉その延長線上にある。国民にお願いする事もある。政治家与党も覚悟。安倍さんも覚悟。 安全も経済も。
S イラクのときの思いは、(永遠の0のエピソード)米兵ヌード写真(実は奥さんの写真)に、家族がと涙が止まらなかった。
S (特攻隊植村眞久命の手紙Link を音読。涙声)国難を乗り越える。家族愛。
H (涙)(植村さんは)大村基地から生まれたばかり娘の声を電話で聞いてから戦地に赴いていった。(涙声で言葉にならず)

入退室の国旗に対する拝礼、立ち居振る舞いお見事でした。百田さんの情の厚さにもらい泣きする会場の方も。一色さんは無口なのにさらりと過激。
次回、田嶋陽子さんも迎えると言われてますがほんとですかね?

— posted by bemybaby at 06:02 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

報道テロにカウンターテロ

今度の安倍晋三氏はひと味違うな。

マスゴミの不見識に対する切り返し、突っ込みを堪能されたし。
報道テロに対するカウンターテロ炸裂!


— posted by bemybaby at 11:48 pm   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

【拡散希望】日本人のみんなへ

かつて長く続いた政治体制に飽いた国民は、いっこうに進まない改革に怒って、ときの与党にお灸を据えようと政権交代を望んだ。そして政権交代が実現したとき、国民はお灸を据えられた。(とあるtwitterより)

皆さん、もう反省は済ませましたか〜?
庵主も悔い改めました。
そんな私たちにふさわしい良い言葉が「くれば の ひとり語り」さんの「日本人のみんなへLink 」というブログにあります。

貴方やお母さんと同じ日本人の中には
日本という船の船底に穴が開いていて修理が必要なこと
日本という船が危険な場所へ進んでいること
それを
日本という船の運転手が敢えてしていることを
まだ知らない人がいます。


幸いなことに、
運転手は安全運転をしてくれる運転手に交代することができます。

幸いなことに、
壊れかけた船も修理することができます。

その為には
貴方やお母さんと同じ日本人がそれを望まなければいけません。

その為には
知らない日本人にまず伝え、気づいてもらわなくてはいけません。
一部しかご紹介しませんが、ぜひ全文をお読みください。「以前いただいた未成年の女の子からのコメント」は心に響きます。

ああっ、言霊に影響されて、ですます調でブログしてしまった。

— posted by bemybaby at 01:38 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

「觜崎屏風岩」の東側岩壁

ここ数年、通勤途中に兵庫県たつの市の觜崎橋を通っている。
揖保川に懸かる橋の東端に奇巌があって天然記念物「觜崎屏風岩」として有名らしい。

揖保川に西面する山肌に、確かに屏風の形のごとき奇巌が突き出ている。この山を鶴觜山と呼ぶそうな。
ところが鶴觜山の東側にも、やはり屏風のごとき切り立った岸壁があって、東側から職場に向かうと良く見える。これは一度は行かずばなるまい。
屏風岩がどっちなのかわかんないけど、知人のN社I社長と日中に近くを通る機会があったので無理を申して立ち寄って貰った。で、何となく行き着いたのが東側の岩壁。近場で見るとなかなかの迫力であった。写真から雰囲気が伝わるだろうか。

404 File Not Found

揖保川は新宮あたりの中流域で西の栗栖川と逆三角形の平地を形作るが、その栗栖川の西の、鶴觜山と対為す山肌にも類似の奇岩が見られる。こちらはあまり着目されていないようだ。この西の岩脈が揖保川河川敷を抜けて屏風岩として顕現し、東の岩壁に連なっているのであろうか。地脈龍脈という言葉を思い起こすほど、大地の気を感じさせる光景であった。

— posted by bemybaby at 08:34 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0695 sec.