玉(ぎょく)

「楚人和氏得玉璞楚山中奉而獻之厲王
 厲王使玉人相之玉人曰石也王以和爲誑而則其左足
 及厲王薨武王即位和又奉其璞而獻之武王
 武王使玉人相之又曰石也王又以和爲誑而則其右足
 武王薨文王即位和乃抱其璞而哭於楚山之下三日三夜涙盡而繼之以血
 王聞之使人問其故曰天下之則者多矣子奚哭之悲也
 和曰吾非悲則也悲夫寶玉而題之以石貞士而名之以誑此吾所以悲也
 王乃使玉人理其璞而得寶焉遂命曰和氏之璧」
韓非子 和氏第十三

この記録は藺相如の故事でも名高い「和氏の璧」の由来であるが、本物であっても世に認められるまでには筆舌に尽くしがたい苦労があったということ。和氏の璧は秦始皇帝の玉爾に加工されやがて失われてしまったが、現代でもその美しさを想像することができる。

東京国立博物館で開催の台湾國立故宮博物院展-神品至宝-7月7日まで展示された清代の名品「翠玉白菜」がその例。
tiket


翠玉白菜



さて、そもそも玉とはなんぞや?玉には石英や滑石もあるがほとんどは軟玉。清代に入って硬玉が増えこの白菜も硬玉。

石英 SiO2
滑石 Mg3Si4O10(OH)2
軟玉 Ca2Mg5Si8O22(OH)2 〜Ca2Fe5Si8O22(OH)2
   この極組成からなる固溶体。
硬玉 NaAlSi2O6

— posted by bemybaby at 01:40 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0135 sec.