2.26を待望する

一、泪羅の淵に波騷ぎ 巫山の雲は亂れ飛ぶ
  溷濁の世に我立てば 羲憤に燃えて血潮湧く

二、權門上に驕れども 國を憂うる誠なし
  財閥富を誇れども 社稷を念う心なし

三、噫呼人榮え國亡ぶ 盲いたる民世に踊る
  治亂興亡夢に似て 世は一局の碁なりけり

四、昭和維新の春の空 正義に結ぶ益荒夫が
  胸裏百萬兵足りて 散るや萬朶の櫻花

五、古りて死骸乘り越えて 雲瓢遥の身は一つ
  國を憂へて起つときに 益荒夫の歌無からめや

六、神の怒りか地の聲か そも只ならぬ響きあり
  民永劫の眠りより 醒めよ日本の朝ぼらけ

七、見よ九天の雲は乘れ 四海の水は雄叫びて
  革新の機到りぬと 吹くや日本の夕嵐

八、噫呼うらぶれかし天地の 迷いの道を行く人は
  榮華を誇る塵の世に 誰かの髙樓の眺めぞや

九、功名何か夢のあと 消えざるものはただ誠
  人生意氣に感じては 成否を誰かあげ論う

十、やめよ離騷の一悲曲 悲歌慷慨の日は去りぬ
  吾等が劍今こそは 廓清の血に踊るかな
青年日本の歌(昭和維新の歌)
作詞作曲 三上卓(1930年) 原詞 土井晩翠、大川周明

映画「226」(五社英雄監督1989年)や「叛乱」(佐分利信・阿部豊共同監督1954年)などの映像を用いたPVが出ている。
標題は、いささか乱暴に過ぎる。この曲もいささか情緒的に過ぎるきらいはある。
作詞からしてちょっと盗用が云々されているようで怪しげだが、「權門上に驕れども 國を憂うる誠なし」「噫呼人榮え國亡ぶ 盲いたる民世に踊る」など、ルーピーのお馬鹿炸裂し、オザワは中身のない拝金政局屋で、卑怯で姑息なカンチョクトが歴史に汚名を残すこの時代において、心の奥深くに届く言葉が散りばめられている。
確かにクーデターとしては構想が甘く、何かしらロマンティシズムで思考停止している。国を建て直そうというエリートが「治亂興亡夢に似て 世は一局の碁なりけり」とか「人生意氣に感じては 成否を誰かあげ論う」では無責任で、そりゃ赤子や婦女子を含む非戦闘員を大量虐殺する米英中リアリズムには勝てない。しかし、権力にしがみつき国民を窮地に追いやる、いや、はっきり言おう、死に追いやるミンスに対してなら2.26の再発を認めても良い。異常な者たちが異常なことをやって、我々の生命と財産を合法的に損なっている。そんな法であるならば不要。おのれの生命を守るのは憲法をも越える自然法の権利だ。

国民は、国民の利益を損なう為政者を排除する権利がある。法的に無理ならば実力を用いてでも。我々のためにあるかぎりは、それがデモクラシーじゃないのか?

— posted by bemybaby at 08:40 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.1053 sec.