iPhone、iPodで再生できる動画

以前に掲示板に記載したものを改変して転記。

Keynote Remoteを使いたいのでiPhoneでいろいろやっているが、今回は動画再生について。

にこ動で落としたのを、iTunesから、またはDiscoverで転送しているが、iPhoneで再生できない動画が結構ある。音だけになったり、画面が真っ白だったり。母艦のMacにPerianとかFlip4Mac WMVを入れても書き出してもだめ。

調べたらiPodで再生できる形式、というよりはビットレートに制限があるそうな。(追記:以下の記述はCROSSREEDLink さんのサイトを参考にしました。)

【iPodで再生できる音声フォーマット】
AAC(16~320 Kbps)/AAC VBR/MP3(16~320 Kbps)/MP3 VBR/Audible(フォーマット 2、3、4)/Apple Lossless/WAV/AIFF

【iPodで再生できる動画フォーマット】
H.264ビデオ(最高768 Kbps、320×240、毎秒30フレーム、最高レベル1.3のベースラインプロファイル(最高160 Kbpsの AAC-LC)、48 kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)、
MPEG-4ビデオ(最高2.5 Mbps、480×480、毎秒30フレーム、シンプルプロファイル(最高160 KbpsのAAC-LC)、48 kHz、.m4v/.mp4/.movファイルフォーマットのステレオオーディオ)

iPhone4では
【動画フォーマット】
MPEG-4 AVC/H.264に対応。最高720p(1,280×720ドット)、30fpsのMain ProfileのAVC動画が再生できる。MPEG-4(640×480ドット、30fps、2.5Mbpsまで)、Motion JPEG(1,280x720ドット、30fps、35Mbpsまで)にも対応。対応ファイルコンテナは.mp4と.m4vとある。画面の解像度がH.264で12倍向上した等のほかは同等。

さて、iPhone4がやってくるまでの当面のところ、推奨はMEPG4の768kbpsとか。

そこでやってみる。iTunesでもコンバートできず、QuickTimeでも書き出しできなかった動画を選ぶ。

1)QuickTime 7 Proで開く
2)書き出し 設定
 書き出し:ムービーからMEPG-4
3)オプション
 ファイルフォーマット:MP4(ISMA)
 ビデオ
  ビデオフォーマット:MEPG-4高品質 
  データレート:768 キロビット/秒
  イメージサイズ:    指定のアスペクト比を保持
  フレームレート:30
 オーディオ
  オーディオフォーマット: AAC-LC(ミュージック)
  データレート:160kpb または128
  チャンネル:ステレオ
  サンプルレート:44,100KHz
  エンコードの品質:高品質
4)えんこする
  その間は何もしない。
5)できたファイルの確認QuickTime Xで開く
6)必要ならばトリムする
  最初の1秒ほど白い画面が入っているので削除。
7)QuickTime Xで、別名で保存
 フォーマット:iPhone
8)えんこする
  その間は何もしない。
9)Discoverでファイル転送

今までうまく再生できなかった動画も観ることができるようになった。
以上。

   

— posted by bemybaby at 07:10 am   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0452 sec.