無能で勤勉な者は銃殺にしろ

帝政崩壊後のドイツ陸軍を立て直した、ワイマール共和国参謀長Hans von Seeckt作と伝えられる。人事の要点を示した言葉。が、出典は確認できていないようだ。

「軍人は4タイプに分類できる。
 有能で怠惰な者は前線指揮官に(∵死にたくない一心で戦う)、
 有能で勤勉な者は参謀に(∵勝つための作戦を立てられる)、 
 無能で怠惰な者は連絡将校か下級兵士に向いている。
 無能で勤勉な者は銃殺にしろ(∵間違った作戦を一生懸命やって取り返しのつかない事態を招く)。」

バリエーションがいろいろあるようで、カッコ内は、小林源文氏の骨太軍事コミックから。

ルーピー君が、身を粉にしても理解されないとか宣ったらしいので、思い出した次第。

— posted by bemybaby at 08:02 pm   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。

コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0966 sec.