Works

backWelcome_to_Archilys.html
 
 

【査読有り論文・査読有り解説】

  1. 1)Surface-enhanced Raman spectroscopy using a coffee-ring-type three-dimensional silver nanostructure, R. Hara, T. Fukuoka, R. Takahashi, Y. Utsumi and  A. Yamaguchi, RSC Adv., 5(2), 1378-1384(2015).

  2. 2)Fabrication of gold nanoparticle pattern using imprinted hydrogen silsesquioxane pattern for surface‐enhanced Raman scattering, Y. Kang, T. Fukuoka, R. Takahashi, Y. Utsumi, Y. Haruyama, and S. Matsui, Microsyst. Technol.,  20, 1993-2000(2014).

  3. 3)Optofluidic Devices with Surface Enhanced Raman Scattering Active Three- Dimensional Gold Nanostructure, R. Takahashi, T. Fukuoka, Y. Utsumi, and A. Yamaguchi, Jpn. J. Appl. Phys., 52, 06GK12(2013).

  4. 4)オプトフルイディクスへの統合化を指向したSERS活性三次元構造体, 福岡隆夫, 内海裕一, レーザー研究, 40(12), 931-937(2012)

  5. 5)表面増強ラマン散乱のための金ナノ粒子ナノバレー構造体の構築, 福岡隆夫, 福岡大翼, 森康維, 内海裕一, 電気学会論文誌C, 130(10), 1806-1810(2010)

  6. 6)ナノ粒子を用いた表面増強ラマンによる超高感度分子分析, 福岡隆夫, エレクトロニクス実装学会誌, 13(3), 168-176(2010).

  7. 7)Tailoring coupling of light to local plasmons by using Ag nanorods/structured dielectric/mirror sandwiches, M. Suzuki, Y. Imai, H. Tokunaga, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka and Y. Mori, J. Nanophoton., 3, 031502(2009) .

  8. 8)Ag nanorod arrays tailored for surface-enhanced Raman imaging in the near-infrared region, M. Suzuki, W. Maekita, Y. Wada, K. Nagai, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka and Y. Mori, Nanotechnology, 19, 265304(2008).

  9. 9)Physically Self-assembled Au Nanorod Arrays for SERS, M. Suzuki, Y. Wada, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka and Y. Mori, Anal. Sci., 23(7), 829-833(2007).

  10. 10)In-line Aligned and Bottom-up Ag Nanorods for Surface-enhanced Raman Spectroscopy, M. Suzuki, W. Maekita, Y. Wada, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, Appl. Phys. Lett., 88, 203121(2006).

  11. 11)Effect of Additives in the Running Buffer on α-Amino Acids Analysis by Use of Capillary Electrophoresis-Chemiluminescence Detection System, K. Tsukagoshi, K. Nakahama, K. Noda, T. Fukuoka, and R. Nakajima, 同志社大学理工学研究報告, 47(2) ,62-70(2006).

  12. 12)Physically Self-assembled Ag Nanorod Arrays for Tunable Plasmonic Sensors, M. Suzuki, Y. Wada, W. Maekita, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, J. Surf. Sci. Nanotech., 3, 280-283(2005).

  13. 13)Determination of α-Amino Acid Using a 1,10-Phenanthroline - Hydrogen Peroxide - Osmium(VIII) Chemiluminescence, K. Tsukagoshi, T. Fukuoka, R. Nakajima, and T. Hara, 同志社大学理工学研究報告, 41(3), 180-184 (2000).


【著書・総説・査読なし論文・Proceedingsなど】

・ 著書

  1. 1)福岡隆夫, "表面増強ラマン散乱を用いた微粒子表面状態評価", "新機能性微粒子材料の開発とプロセス技術”, 日高重助監修, pp.159-169, シーエムシー出版, 2006.

  2. 2)福岡隆夫(分担執筆), "次世代バイオ・ナノ技術に関する調査研究報告書〜次世代バイオ・ナノ技術の創出とその産業応用を目指して〜", 馬場嘉信編, 次世代バイオ・ナノ産業技術研究会, pp.37-38, 2006.


・総説・解説・査読なし論文

  1. 3)金ナノ粒子自己集合体の表面増強ラマン散乱による超高感度分析, 福岡隆夫, 森康維, オレオサイエンス, 14(1), 5-10(2014).

  2. 4)半導体マイクロ波反応装置の開発, 松村竹子, 間山揚郎, 小野英世, 藤井知, 福岡隆夫, Transactions of The Research Institute of Oceanochemistry, 21(1), 3-7(2008).

  3. 5)プラズモンを用いたナノ粒子の観測技術, 福岡隆夫, 森康維, 粉体工学会誌, 44(1), 546−553(2007).

  4. 6)金ナノ粒子のマイクロ波合成と表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 松村竹子, 森康維, 日本写真学会誌, 70(1), 14–19(2007).

  5. 7)SERSの原理とマイクロバイオイメージング応用, 伊藤民武, V. Biju, 石川満, 吉田健一, 尾崎幸洋, 福岡隆夫, 電気学会バイオ・マイクロシステム研究会, BMS-07, 1-6, 13-19(2007).

  6. 8)半導体マイクロ波反応装置の開発, 松村竹子, 藤井知, 福岡隆夫, 栗原英紀, 矢嶋龍彦, ケミカルエンジニヤリング, 51(8), 590〜596(2006).

  7. 9)金ナノ粒子の表面増強ラマン散乱法への応用, 福岡隆夫, 森康維, ケミカルエンジニヤリング, 49(8), 612-615(2004).

  8. 10)化学発光検出を採用したマイクロチップ化キャピラリー電気泳動, 福岡隆夫, 化学工学, 63(11), 642(1999).

  9. 11)低分子量被検体の非競合法イムノアッセイ, 福岡隆夫,  ぶんせき, 1996(2), 147.


・Proceedings

  1. 1)Application of Gold Nanoparticle Self-Assemblies to Unclonable Anti-Counterfeiting Technology, T. Fukuoka, A. Yamaguchi, R. Hara, T. Matsumoto, Y. Utsumi, and Y. Mori, 2015 International Conference on Electronics Packaging and iMAPS All Asia Conference (ICEP-IAAC 2015) Proceedings, 432-435, 2015.

  2. 2)Gold Nanorod Arrays for Near Infrared Optofluidic Device, T. Fukuoka, M. Yoshida, R. Takahashi, M. Suzuki, and Y. Utsumi, Proc. of the 7th IEEE-International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2012), 439-440, 2012.

  3. 3)Effects of High Aspect Ratio Noble Metal Nanostructure on Near Infrared Localized Plasmon Sensing, T. Fukuoka, R. Kuramoto, Y. Mori, M. Yoshida, and Y. Utsumi, Proc. of the 9th International Workshop on High-Aspect-Ratio Micro-Structure Technology ( HARMST 2011 ),  T01-3, 2011.

  4. 4)Tailoring coupling of light to local plasmons by using Ag nanorods/structured dielectric/mirror sandwiches, M. Suzuki, Y. Imai, H. Tokunaga, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka and Y. Mori, Proc. of SPIE, 7041, 70410B-10(2008).

  5. 5)An approach to self-cleaning SERS sensors by arraying Au nanorods on TiO2 layer, S. Li, M. Suzuki, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, Proc. of SPIE, 6647, 66470J­8(2007).

  6. 6)Plasmonic nanocoatings tailored for surface-enhanced Raman imaging in near-infrared region, M. Suzuki, W. Maekita, Y. Wada, S. Li, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori,  Proc. of SPIE , 6647, 664707-2(2007).

  7. 7)Physically Self-assembled Au Nanorod Arrays for SERS, M. Suzuki, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, Mater. Res. Soc. Symp. Proc., 0951-E09-35, 2007.

  8. 8)Surface Enhanced Raman Scattering on Physically Self-assembled Ag Nanorod Arrays, M. Suzuki, W. Maekita, Y. Wada, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, Mater. Res. Soc. Symp. Proc., 900E-O08-03.1, 2006.

  9. 9)金ナノ粒子のマイクロ波合成と表面増強ラマン散乱特性, 福岡隆夫, 松村竹子, 日本写真学会“金属ナノ粒子の未来-合成法、物性と応用展開”, 11-14(2006).

  10. 10)SERS発現のための金ナノ粒子の凝集制御, 倉本亮介, 福岡隆夫, 小関貴, 森康維, 粉体工学会研究発表会講演論文集, 2003, 99-100.

  11. 11)金・粘土共存ゲル体の調製と表面増強ラマン散乱特性, 中村圭太郎, 福岡隆夫, 栗本剛, 森康維, 粉体工学会研究発表会講演論文集, 2000, 44-47.


・その他

  1. 1)Auナノ粒子アレイの物理的自己組織化と表面増強ラマンセンサへの応用, 鈴木基史, 福岡隆夫, The Murata Science Foundation, 301, 2006.


【国際学会講演(登壇した口頭発表には*印)】

・2015年

  1. 1)*Application of Gold Nanoparticle Self-Assemblies to Unclonable Anti-Counterfeiting Technology, T. Fukuoka, A. Yamaguchi, R. Hara, T. Matsumoto, Y. Utsumi, and Y. Mori, 2015 International Conference on Electronics Packaging and iMAPS All Asia Conference (ICEP-IAAC 2015), TF3-4, (Kyoto, Japan), April 16, 2015.

・2014年

  1. 2)*Optofluidic device with SERS active three dimensional gold nanostructure, T. Fukuoka, R. Takahashi, Y. Utsumi, A. Yamaguchi, in The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy (Pittcon), 2380-1, (Chicago, USA), March 6, 2014.

  2. 3)SERS Active Three Dimensional Gold Nanostructure, T. Fukuoka, R. Takahashi, Y. Utsumi, A. Yamaguchi, in The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy (Pittcon), 1430-3 P, (Chicago, USA), March 4, 2014.

  3. 4)"Stealth" Nanobeacons for Preventing Counterfeit Products, T. Fukuoka, and Y. Mori, in The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy (Pittcon), 1660-4 P, (Chicago, USA), March 5, 2014.

  4. 5)Micro-Mirror Array Device for Floating Image Manufactured by Synchrotron Radiation, T. Yamane, S. Maekawa, Y. Utsumi, and T. Fukuoka in The Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy (Pittcon), 1120-11 P, (Chicago, USA), March 4, 2014.

・2013年

  1. 6)Microfluidic Devices with SERS Active Self-assembled Gold Nanostructures, R. Takahashi, R. Hara, T. Fukuoka, Y. Utsumi, A. Yamaguchi, in  RSC Tokyo Conference 2013, A222,  (Makuhari-Messe, Chiba, Japan, Sept. 5 2013).

  2. 7)*Indirect SERS Detection of Avidin and Biotin via Molecular Interaction, T. Fukuoka and Y. Mori, in  RSC Tokyo Conference 2013, A310,  (Makuhari-Messe, Chiba, Japan, Sept. 6 2013).

  3. 8)Microfluidic Devices with Three-dimesional Gold Nanostructure for Surface Enhanced Raman Scattering, R. Takahashi, T. Fukuoka, Y. Utsumi, and A. Yamaguchi, in The 8th Annual IEEE International Conference on Nano/Micro Engineered and Molecular Systems(IEEE-NEMS), 1P1-054, (Suzhou, China, April 8, 2013).

  4. 9)Microfluidic Devices with SERS Active Three-dimensional Gold Nanostructure, R. Takahashi, T. Fukuoka, Y. Utsumi, and A. Yamaguchi, in the 13th International Symposium on Electronics Packaging (ICEP2013), P14, (Osaka, Japan, April 10, 2013).

  5. 10)Three-dimensional Silver Nanostructure for Surface Enhanced Raman Scattering, R. Hara, R. Takahashi, T. Fukuoka, and Y. Utsumi, in the 13th International Symposium on Electronics Packaging (ICEP2013), P15, (Osaka, Japan, April 10, 2013).

  6. 11)Fabrication of gold nanoparticles pattern using imprinted HSQ pattern for SERS measurement, Y. Kang, R. Takahashi, T. Fukuoka, Y. Utsumi, Y. Haruyama, and S. Matusi, in the 10th International Workshop on High Aspect Ratio Micro and Nano System Technology(HARMNST), (Berlin, Germany, April 2124, 2013).

  7. 12)Optimization of Surface Enhanced Raman Scattering Active Three-­Dimensional Gold Nanostructure, R. Takahashi, T. Fukuoka,  Y. Utsumi, and A. Yamaguchi, in the 10th International Workshop on High Aspect Ratio Micro and Nano System Technology(HARMNST), (Berlin, Germany, April 2124, 2013).

  8. 13)Fabrication of SERS Active Three-dimensional Silver Nanostructure, R. Hara, R. Takahashi, T. Fukuoka, A. Yamaguchi, and  Y. Utsumi, in the 10th International Workshop on High Aspect Ratio Micro and Nano System Technology(HARMNST), (Berlin, Germany, April 2124, 2013).

・2012年

  1. 14)Gold nanoparticles self-assembly assisted with imprinted hydrogen silsesquioxane pattern, Y. Kang, R. Takahashi, T. Fukuoka, Y. Utsumi, M. Okada, Y. Haruyama, S. Matsui, in 25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 20112), 2P-11-78, (Kobe, Japan, Nov. 2, 2012).

  2. 15)Optofluidic Device with SERS Active Three Dimensional Gold Nanostructure, R. Takahashi, T. Fukuoka and Y. Utsumi, in 25th International Microprocesses and Nanotechnology Conference (MNC 20112), 2P-11-102, (Kobe, Japan, Nov. 2, 2012).

  3. 16)Self-assembly of gold nanoparticles using imprinted HSQ pattern for SERS measurement. Y. Kang, R. Takahashi, T. Fukuoka, Y. Utsumi, M. Okada, Y. Haruyama, and S. Matsui, in The 11th International Conference on Nanoimprint & Nanoprint Technology (NTT2012), 8.2, (Napa California, USA, Oct. 26, 2012).

  4. 17)Single Molecule Detection Using Sterically-bulky Self Assembles of Gold Nanoparticles, T. Fukuoka, M. Yoshida, R. Takahashi, Y. Utsumi, in the 38th International Micro & Nano Engineering Conference (MNE 2012), 546, (Toulouse, France, Sept. 17, 2012).

  5. 18)SERS Active Three Dimensional Gold Nanostructure Fabrication for Optofluidic Device, R. Takahashi, T. Fukuoka, Y. Utsumi in the 38th International Micro & Nano Engineering Conference (MNE 2012), 346, (Toulouse, France, Sept. 17, 2012).

  6. 19)Three Dimensional Gold Nanostructure for Plasmonic Sensing, T. Fukuoka, R. Takahashi, Y. Utsumi, in The 6th International Conference on Gold Science Technology and its Applications (Gold 2012), 2P-043, (Tokyo, Japan, 7 Sept. 2012).

  7. 20)*SERS Active Self-assembled Nanostructures toward Higher Dimension I : Pre-aggregated Colloidal Dispersion with a Longevity over Months, T. Fukuoka, Y. Mori, in RSC Tokyo International Conference 2012, A021, (Tokyo, Japan, 6 Sept. 2012).

  8. 21)*SERS Active Self-assembled Nanostructures toward Higher Dimension II : Physically Self-assembled Nanoparticles Array, T. Fukuoka, R. Takahashi, Y. Utsumi, M. Suzuki, in RSC Tokyo International Conference 2012, A022, (Tokyo, Japan, 6 Sept. 2012).

  9. 22)SERS Active Self-assembled Nanostructures toward Higher Dimension III : Sterically-bulky Self Assembles Array, R. Takahashi, T. Fukuoka, Y. Utsumi, in RSC Tokyo International Conference 2012, A023, (Tokyo, Japan, 6 Sept. 2012).

  10. 23)*Gold Nanorod Arrays for Near Infrared Optofluidic Device, T. Fukuoka, M. Yoshida, R. Takahashi, M. Suzuki, and Y. Utsumi, in the 7th IEEE-International Conference on Nano/Micro Engineeered and Molecular Systems (IEEE-NEMS 2012), Session of SERS and Quantum Optics, W5D-3, (Kyoto, Japan, 7 March 2012).

・2011年

  1. 24)Noble Metal Nanostructure for Near Infrared Localized Plasmon Sensing. T. Fukuoka, M. Yoshida, D.Fukuoka, and Y. Utsumi, in the 37th International Conference on Micro and Nano Engineering (MNE 2011, (Berlin, Germany, 21 Sept. 2011).

  2. 25)*Effects of High Aspect Ratio Noble Metal Nanostructure on Near Infrared Localized Plasmon Sensing, T. Fukuoka, R. Kuramoto, Y. Mori, M. Yoshida, and Y. Utsumi, in the 9th International Workshop on High-Aspect-Ratio Micro-Structure Technology ( HARMST 2011 ), (Hsinchu, Taiwan, 14 June 2011).

・2010年

  1. 26)*The anisotropic assembles of Au nanoparticles for near Infrared surface-enhanced Raman scattering, T. Fukuoka, Y. Mori, and Y. Utsumi, in the 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem 2010 ), Symposium of Plasmonics and Nanophotonics for Chemical Sensing, Imaging and Spectroscopy, 165, (Honolulu, USA, 15 Dec. 2010).

  2. 27)*Noble metal nanorod arrays tailored for the chemical sensor using surface enhanced Raman scattering, T. Fukuoka, Y. Mori, K. Nakajima, K. Kimura, and M. Suzuki,  in the 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem 2010 ), Symposium of Plasmonics and Nanophotonics for Chemical Sensing, Imaging and Spectroscopy, 367, (Honolulu, USA, 16 Dec. 2010).

  3. 28)*New strategy of non-labeling ligand-receptor binding assay in aqueous medium using anisotropic aggregation of Au nanoparticles, T. Fukuoka, Y. Utsumi, and Y. Mori, in the 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem 2010 ), Symposium of Frontiers of Surface-Enhanced Raman Scattering: Single-Nanoparticles and Single Cells, 1362, (Honolulu, USA, 19 Dec. 2010).

  4. 29)Fabrication of gold nanoparticles assembled nanovalley for surface enhanced Raman scattering, T. Fukuoka, D. Fukuoka, Y. Ukita, Y. Kang,  S. Matsui, and Y. Utsumi, in the 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem 2010 ), Symposium of  Frontiers of Surface-Enhanced Raman Scattering: Single-Nanoparticles and Single Cells, 681, (Honolulu, USA, 17 Dec. 2010).

  5. 30)Gold nanoparticles assembled nanovalley for microfluidic SERS detection, T. Fukuoka, D. Fukuoka, Y. Ukita, Y. Kang,  S. Matsui, and Y. Utsumi, in the 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Pacifichem 2010), Symposium of The Nanostructure-Enhanced Photochemical Reactions, 455, (Honolulu, USA, 16 Dec. 2010).

  6. 31)Development of precise and energy saving microwave reactors with solid state microwave source and their application to high speed synthesis of valuable compounds,  T. Matsumura, M. Nishioka, T. Okamoto, N. Mayama, T. Shimizu, T. Fukuoka, H. Tabata, in the 2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies ( Pacifichem 2010 ), Symposium of Innovative Green Chemistry with Microwave Energy, 60, (Honolulu, USA, 15 Dec. 2010).

  7. 32)High speed and energy saving synthesis of functional inorganic materials with real time monitoring precise microwave reactors, T. Matsumura-Inoue, M. Nishioka, T. Okamoto, N. Mayama, T. Shimizu, and T. Fukuoka, in the 239th American Chemical Society National Meeting INOR1120 (San Francisco, USA, 24 March 2010).

・2009年

  1. 33)*Aqueous Dispersion of Colloidal Au, Ag Anisotropic Assembles with Localized Plasmon in Near Infrared Region, T. Fukuoka, T. Shimidzu, and Y. Mori, in the Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy (PITTCON) 2009 #2990-3 (Chicago, USA, 12 March 2009).

  2. 34)Au Nanorod Arrays Tailored for Near Infrared Surface-Enhanced Raman Spectroscopy, H. Nakanishi, S. Oka, T. Kawai, T. Fukuoka, Y. Mori, K. Nakajima, K. Kimura, and M. Suzuki, in the Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy (PITTCON) 2009 #2570-2, (Chicago, USA, 12 March 2009).

  3. 35)High Performance Microwave Reactor for Rapid Synthesis of Fine Chemicals, T. Matsumura-Inoue, T. Fukuoka, N. Mayama, and T. Shimidzu, in the Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy (PITTCON) 2009 #1620-5P, (Chicago, USA, 10 March 2009).

  4. 36)Simple and Wet Chemical Assay by Enhanced Raman Scattering Using the Stable Assembles of Gold Nanoparticles, T. Fukuoka, T. Shimidzu, and Y. Mori, in the Pittsburgh Conference on Analytical Chemistry and Applied Spectroscopy (PITTCON) 2009 #890-4P, (Chicago, USA, 9 March 2009).

・2008年

  1. 37)Local plasmon resonator with sandwich structures of Au nanorods-SiO2-Ag mirror, M. Suzuki, Y. Imai, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka and Y. Mori, in the 4th Vacuum and Surface Sciences Conference of Asia and Australia, 29B13 ( Matsue, Japan, 28 Oct. 2008).

  2. 38)*The intelligent nanoparticle units with local Plasmon resonance in the near infra-red region, T. Fukuoka, in Application of Intelligent Particles and Sensors in Environmental and Process Engineering, (Penang, Malaysia, 27 Aug. 2008).

  3. 39)Development of Precise Microwave Reactor with Semiconductor Microwave Source and Focused Elliptic Reaction Chamber, and Its Application to Rapid Synthesis of Various Functional Materials, T.  Matsumura-Inoue, T. Fukuoka, and N. Mayama, in Global Congress on Microwave Energy Applications 2008 - MAJIC 1st, O1-13, (Otsu, Japan, 6 Aug. 2008).

  4. 40)Fabrication of Gold Nanoparticles Assembly for Surface Enhanced Raman Scattering Substrate, Y. Mori, N. Shinohara, and T. Fukuoka, in International Workshop on Nanomechanical Cantilever Sensors 2008 (Mainz, Germany, 19 May 2008).

・2007年

  1. 41)Gold Nanorod Arrays for Surface Enhanced Raman Scattering Imaging of Micro-objects, M. Suzuki, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in AVS 54th International Symposium (Seatle, USA, 16 Oct. 2007).

  2. 42)Plasmonic nanocoatings tailored for surface-enhanced Raman imaging in near-infrared region, M. Suzuki, W. Maekita, Y. Wada, S. Li, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in SPIE Optics & Photonics 2007 (San Diego, USA, 26 Aug. 2007).

  3. 43)An approach to self-cleaning SERS sensors by arraying Au nanorods on TiO2 layer, S. Li, M. Suzuki, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in SPIE Optics & Photonics 2007 (San Diego, USA, 26 Aug. 2007).

  4. 44)*Microwave synthesis of functional materials by novel semiconductor HPA microwave chemical reactor, T. Matsumura-Inoue and T. Fukuoka in the 233rd American Chemical Society National Meetings, INOR1110 (Chicago, USA, 28 March 2007).

・2006年

  1. 45)Physically Self-assembled Au Nanorod Arrays for SERS, M. Suzuki, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in 2006 MRS Fall Meeting (Boston, USA, 28 Nov. 2006).

  2. 46)Semiconductor microwave chemical reactor with an elliptic focused chamber, T. Matsumura, N. Mayama, H. Ono, and T. Fukuoka, in 3rd International Conference on Microwave Chemistry, OC-6 (Brno, Czech Republic, 4 Sept. 2006).

  3. 47)Fabrication of Gold Nanoparticles Assembly for Surface Enhanced Raman Scattering Substrate, N. Shinohara, T. Fukuoka, and Y. Mori, in International Symposium on Surface-enhanced Raman Scattering and Spectroscopy ( Nishinomiya, Japan, 28 Aug. 2006).

  4. 48)Physically Self-assembled Au Nanorod Arrays for SERS, M. Suzuki, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in International Symposium on Surface-enhanced Raman Scattering and Spectroscopy ( Nishinomiya, Japan, 28 Aug. 2006).

  5. 49)Physically Self- assembled Au Nanorod Arrays for SERS, M. Suzuki, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in 20th International Conference on Raman Spectroscopy ( Yokohama, Japan, 22 Aug. 2006).

・2005年

  1. 50)Chain−like assembliy of gold nanoparticles for surface−enhanced Raman scatttering, T. Fukuoka and Y. Mori, in the 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA, 18 Dec. 2005).

  2. 51)Near−infrared Raman analysis of the signal transmitter nitric oxide using gold nanoparticles chain−like assembly and SERS marker, T. Fukuoka, Y. Mori, and Y. Kitagawa, in the 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Honolulu, USA, 16 Dec. 2005).

  3. 52)Stable and Reproducible Chain-like Assembly of Gold Nanoparticles for Surface-enhanced Raman Scattering, T. Fukuoka, R. Kuramoto, N. Shinohara, S. Ikuta, M. Suzuki, and Y. Mori, in 2005 MRS Fall Meeting, O12.30 (Boston, USA, 1 Dec. 2005).

  4. 53)Surface Enhanced Raman Scattering on Physically Self-assembled Ag Nanorod Arrays, M. Suzuki, W. Maekita, Y. Wada, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in 2005 MRS Fall Meeting, O8.3 (Boston, USA, 30 Nov. 2005).

  5. 54)Tunable Plasma Resonance of Ag Nanorod Arrays Prepared by Dynamic Oblique Deposition,  M. Suzuki, W. Maekita, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in 2005 MRS Fall Meeting, GG3.2 (Boston, USA, 28 Nov. 2005)

  6. 55)Surface-enhanced Raman Scattering of Rhodamine 6G Using Physically Self-assembled Ag Nanorod Arrays, T. Fukuoka, M. Suzuki, Y. Wada, K. Nakajima, K. Kimura, and Y. Mori,  in 2005 MRS Fall Meeting, Ra5.10/Rb5.10 (Boston, USA, 28 Nov. 2005).

  7. 56)Anisotropic Self Assemblies of Gold Nanoparticles Dispersed in Aqueous Medium for Active SERS Substrate, T. Fukuoka and Y. Mori, in ISSS-4 International Symposium on Surface Science and Nanotechnology, P2-115 (Omiya, Japan, 15 Nov. 2005).

  8. 57)Physically self-assembled Ag nanorod arrays for tunable plasmonic sensors, M. Suzuki, Y. Wada, W. Maekita, K. Nakajima, K. Kimura, T. Fukuoka, and Y. Mori, in ISSS-4 International Symposium on Surface Science and Nanotechnology, Mo-C10 (Omiya, Japan, 14 Nov. 2005).

・2004年以前

  1. 58)New Analytical Method for Biomolecules Using the Stable Assemblies of Gold Nanoparticles, T. Fukuoka, K. Matsukawa, and Y. Mori, in the First International Congress on Bio-Nanointerface, PD05-03a  (Tokyo, Japan, 21 May 2003).

  2. 59)New analytical tool for biomolecules using near infrared light and gold nanoparticles, T. Fukuoka, K. Matsukawa, and Y. Mori, in the 18th International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine, M-SA-026  (Kyoto, Japan, 21 Oct. 2002).

  3. 60)Raman Enhancing Reagent : Convenient NIR-SERS Substrate Using Stable Gold Hydrosol, T. Fukuoka, K. Nakamura, Y. Mori, Y. Yoshimura, and K. Matsukawa, IUPAC International Congress on Analytical Science 2001, P4071, (Tokyo, Japan, 10 Aug. 2001).


【学会発表(口頭)・依頼講演】

・2015年

  1. 1)バイオセンシングのための高次ナノ構造形成と表面増強ラマン分光, 山口明啓, 黒田量久, 原亮平, 福岡隆夫, 内海裕一, 日本物理学会第70回年次大会,(早稲田大学, 東京), 22aAQ5, 2015.3.22.

・2014年

  1. 2)金ナノ粒子集合体を用いる表面増強ラマン散乱の偽造防止技術への応用, 福岡隆夫, 第58回日本学術会議材料工学連合講演会,(京都テルサ, 京都市), 735, 2014.10.28.

  2. 3)金ナノシェルの静電誘導を用いた高感度SERS検出, 福岡隆夫, 松元健, 高橋亮, , 内海裕一, 山口明啓, 日本分析化学会第63年会(広島大学東広島キャンパス, 東広島市), K2004, 2014. 9.18.

  3. 4)ステルスナノビーコンを用いた偽造医薬品防止技術, 福岡隆夫, 日本分析化学会第63年会(広島大学東広島キャンパス, 東広島市), E3010, 2014. 9.19.

  4. 5)SERS活性金ナノ粒子集合体をステルスナノビーコンに用いる偽造防止技術, 福岡隆夫, 第65回コロイドおよび界面化学討論会(東京理科大学, 東京), 2E08, 2014. 9.4.

  5. 6)液中における金ナノシェルの誘電泳動凝集による高感度表面増強ラマン分光, 山口明啓, 福岡隆夫, 高橋亮, 松元健, 内海裕一, 第65回コロイドおよび界面化学討論会(東京理科大学, 東京), 3G08, 2014. 9.5.

・2013年

  1. 1)表面増強ラマン活性を示すナノ構造体の光学応答特性, 山口明啓, 高橋亮, 原亮平, 福岡隆夫, 内海裕一, 第37回日本磁気学会学術講演会(北海道大学, 札幌), 4pA-5, 2013. 9.4.

・2012年

  1. 1)HSQ転写パターンを用いたPSL粒子の自己整列, 姜有志, 高橋亮, 福岡隆夫, 内海裕一, 岡田真, 春山雄一, 松井真二, 第73回応用物理学会学術講演会(愛媛大学, 松山), 12p-C3-12, 2012. 9.12.

・2010年

  1. 2)半導体精密マイクロ波装置による金属ナノ粒子生成過程のリアルタイムモニタリング, 松村竹子, 福岡隆夫, 内海裕一, 田畑英恒, 清水健彦, 第48回粉体に関する討論会(e-とぴあかがわ, 高松), 13-a, 2010. 10.21.

  2. 3)簡便な表面増強ラマン散乱を目的とする市販金ナノロッドアレイ基板の評価, 福岡隆夫, 鈴木基史, 加藤将樹, 廣田健, 森康維, 日本化学会第90回春季年会(近畿大学, 東大阪), 1F8-29, 2010.3.26

・2009年

  1. 4)多塩基酸型バイオサーファクタントを還元剤とする金ナノ粒子の合成(2), 小池崇喜, 崔永国, 石上裕, 張躍軍, 福岡隆夫, 日高久夫, 2009年度色材研究発表会(エルおおさか, 大阪), 23B08, 2009.10.23

  2. 5)表面増強ラマン散乱による溶液内分子間相互作用の観察, 福岡隆夫, 森康維, 日本分析化学会第58年会(北海道大学, 札幌), E3022, 2009.9.26

  3. 6)溶液内かつ非標識検出のための アビジンービオチン相互作用の近赤外ラマン増感モニタリング, 福岡隆夫, 森康維, 日本化学会第89回春季年会(日本大学, 千葉), 3G6-29, 2009.3.29

・2008年

  1. 7)リアルタイムモニタリング半導体マイクロ波反応装置を用いた機能性微粒子の合成, 松村竹子, 福岡隆夫, 田部雅也, 森康維, 清水健彦, 第46回粉体に関する討論会(奈良県新公会堂, 奈良), 13-b, 2008.12.2

  2. 8)表面増強ラマン散乱測定のための金および銀ナノ粒子の凝集体の作製, 田部雅也, 福岡隆夫, 松村竹子, 森康維, 第46回粉体に関する討論会(奈良県新公会堂, 奈良), 16-a, 2008.12.2

  3. 9)ナノ構造を用いた分子センシング, 福岡隆夫, 平成20年度第1回ナノバイオデバイス実装技術研究会(兵庫県立大学, 神戸) 2008.9.29

  4. 10)分析試薬のマイクロ波合成-リアルモニタリング装置の開発-, 松村竹子, 増田嘉孝, 福岡隆夫, 清水健彦, 日本分析化学会第57年会(福岡大学), G2008, 2008.9.11

  5. 11)貴金属ナノ粒子異方性集合体の表面増強ラマン散乱応答の速度論的解析, 福岡隆夫, 田部雅也, 森康維, 日本分析化学会第57年会(福岡大学), C1032, 2008.9.10

  6. 12)近赤外局所プラズモン共振器の開発と表面増強ラマン分光への応用, 今井義勝, 鈴木基史, 徳永博樹, 中嶋薫, 木村健二, 福岡隆夫, 森康維, 第69回応用物理学会学術講演会(中部大学), 4p-ZH-16, 2008.9.4

  7. 13)貴金属ナノ粒子の合成と近赤外ラマン検出, 福岡隆夫, X線遠赤外線マイクロ波研究分科会(けいはんなプラザ), 2008.8.1

  8. 14)表面清浄な貴金属ナノ粒子のマイクロ波合成, 福岡隆夫, 日本化学会第88春季年会特別企画「マイクロ波化学が拓くサステナブル社会の化学技術」(立教大学), 5S9-05, 2008.3.30

  9. 15)銀ナノ粒子コロイドと4,4'-ビピリジンの表面増強ラマン散乱応答における塩化物イオン効果, 福岡隆夫, 田部雅也, 森康維, 松村竹子, 日本化学会第88春季年会(立教大学), 3L2-18, 2008.3.28

・2007年

  1. 16)貴金属異方性ナノ構造体による表面増強ラマン散乱の活用, 福岡隆夫, 日本分光学会中部支部平成19年度講演会—スペクトロスコピーのひろがりとその応用—(産総研中部センター), 2007.12.14

  2. 17)SERS over Fluorescence:貴金属ナノ構造による分子の近赤外検出, 福岡隆夫, 日本分光学会第2回赤外ラマン分光部会シンポジウム(大阪大学), 2007.12.6

  3. 18)マイクロ波精密反応装置による貴金属ナノ粒子の合成と表面増強ラマン散乱への応用, 松村竹子, 福岡隆夫, 田部雅也, 森康維, 第1回日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウム(仙台市戦災復興記念館), 2B08, 2007.9.27

  4. 19)表面増強ラマン散乱測定のための金および銀ナノ粒子のマイクロ波合成, 森康維, 土屋活美, 松村竹子, 福岡隆夫, 田部雅也, 第60回コロイドおよび界面化学討論会(信州大学理学部), 1C12, 2007.9.20

  5. 20)マイクロ波化学合成銀ナノ粒子を用いた表面増強ラマン散乱(SERS)のVX加水分解物検出への応用, 松村竹子, 福岡隆夫, 田部雅也, 森康維, 日本分析化学会第56年会(徳島大学), J2010, 2007.9.20

  6. 21)近赤外SERS検出スポットテストのための金ナノ粒子アセンブル, 福岡隆夫, 篠原渚, 田部雅也, 森康維, 日本分析化学会第56年会(徳島大学), J1005, 2007.9.19

  7. 22)多官能性バイオサーファクタントによる微粒子の水系分散・凝集の制御, 小池崇喜, 石上裕, 日高久夫, 福岡隆夫, 色材協会創立80周年記念会議(東京理科大学), 2A-17, 2007.9.13

  8. 23)バイオサーファクタント、スピクリスポール酸塩による常温での金ナノ粒子の生成, 福岡隆夫, 森康維, 石上裕, 原田久志, 三塚義弘, 小池崇喜, 日高久夫, 滝沢靖臣, 第46回日本油化学会年会(京都工芸繊維大学),1B-09, 2007.9.6

  9. 24)貴金属ナノロッドアレイを用いた神経ガスVX加水分解物の表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 鈴木基史,和田吉典, 中嶋薫, 木村健二, 森康維, 尾崎幸洋, 第68回応用物理学会学術講演会(北海道工業大学), 5p-A-3, 2007.9.5

  10. 25)Agナノロッドアレイによる官能基で修飾したポリスチレンビーズの表面増強ラマン散乱, 和田吉典, 鈴木基史, 中嶋 薫, 木村健二, 福岡隆夫, 森康維, 第54回応用物理学関係連合講演会(青山学院大学),  2007.3.28

  11. 26)半導体マイクロ波精密反応装置による表面増強ラマン散乱用銀ナノ粒子の合成, 福岡隆夫, 松村竹子, 増田嘉孝, 生田修三, 森康維, 日本化学会第87春季年会(関西大学), 1L1-39, 2007.3.25

  12. 27)銀ナノ粒子異方性凝集体の表面増強ラマン散乱特性, 福岡隆夫, 生田修三, 森康維, 日本化学会第87春季年会(関西大学), 1L1-40, 2007.3.25

  13. 28)半導体マイクロ波精密反応装置による機能性微粒子の合成, 松村竹子, 増田嘉孝, 福岡隆夫, 田口信義, 森康維, 吉門進三, 化学工学会第72年会(京都大学), A203, 2007.3.20

  14. 29)動的斜め蒸着法による貴金属ナノロッドアレイの作製とSERSイメージング基板への応用, 鈴木基史,和田吉典, 中嶋薫, 木村健二, 福岡隆夫,  森康維, 第5回プラズモニクスシンポジウム(キャンパスプラザ京都), 2007.3.6

  15. 30)近赤外SERSを目的とする金ナノ粒子のマイクロ波精密合成と異方性自己集合, 福岡隆夫,  日本分析化学会近畿支部提案公募型セミナー(けいはんなプラザ), 2007.2.19

  16. 31)SERSの原理とマイクロバイオイメージング応用, 伊藤民武, V. Biju, 石川満, 吉田健一, 尾崎幸洋, 福岡隆夫, 電気学会バイオ・マイクロシステム研究会(名古屋大学), 2007.1.30

・2006年

  1. 32)AgナノロッドアレイによるSERS基盤を用いた細胞測定への試み, 浅田映美, 鈴木基史, 和田吉典, 福岡隆夫, 森康維, 富田直秀, 第26回表面科学講演大会(大阪大学), 3D03, 2006.11.8

  2. 33)動的斜め蒸着法による高密度金ナノロッドアレイの形成と表面増強ラマン散乱基板への応用, 鈴木基史,和田吉典, 中嶋薫, 木村健二, 福岡隆夫,  森康維, 第47回真空に関する連合講演会(大阪大学),  7Aa-2, 2006.11.7

  3. 34)半導体HPA精密マイクロ波反応装置を用いる金属ナノ粒子の合成, 松村竹子, 福岡隆夫, 第6回マイクロ波効果・応用シンポジウム(ソフトピアジャパンセンター, 岐阜), 3p-C, 2006.11.3

  4. 35)金ナノ粒子のマイクロ波合成と表面増強ラマン特性, 福岡隆夫, 日本写真学会西部支部特別講演会「金属ナノ粒子の未来 -合成法、物性と応用展開- 」(大阪市立大学文化交流センター), 2006.10.6

  5. 36)多様な表面増強ラマン活性ナノ構造体の比較検討, 福岡隆夫, 篠原渚, 森康維, 鈴木基史, 和田吉典, 中嶋薫, 木村健二, 小山宗孝, Ali Umar Akrajas, 日本分析化学会第55年会(大阪大学), A3007, 2006.9.22

  6. 37)半導体HPA精密マイク波反応装置による金ナノ粒子の新規合成, 松村竹子, 福岡隆夫, 森康維, 間山揚朗, 小野英世, 日本分析化学会第55年会(大阪大学), D3003, 2006.9.22

  7. 38)ロバストな表面増強ラマン散乱基質のための金ナノ粒子鎖状集合, 福岡隆夫, 新生恭幸, 森康維, 日本化学会第86春季年会(日本大学), 2J6-06, 2006.3.28

  8. 39)ロバストなSERS基質のための銀ナノロッドアレイの特性, 福岡隆夫, 鈴木基史, 和田吉典, 森康維, 日本化学会第86春季年会(日本大学), 2J6-08, 2006.3.28

  9. 40)動的斜め蒸着Agナノロッドアレイの異方性表面増強ラマン散乱, 鈴木基史, 和田吉典, 中嶋薫, 木村健二, 福岡隆夫, 森康維, 第53回応用物理学関係連合講演会(武蔵工業大学), 2006.3.22

・2005年

  1. 41)動的斜め蒸着Agナノ粒子アレイにおける局所電場増強, 鈴木基史, 和田吉典, 中嶋薫, 木村健二, 福岡隆夫, 森康維, 第66回応用物理学会学術講演会(徳島大学), 2005.9.8

  2. 42)動的斜め蒸着Agナノ粒子アレイの近赤外表面増強ラマン散乱基板への応用, 鈴木基史, 和田吉典, 中嶋薫, 木村健二, 福岡隆夫, 森康維, 第66回応用物理学会学術講演会(徳島大学), 2005.9.8

  3. 43)動的斜め蒸着法により作製したAgナノ粒子アレイの局所プラズモン共鳴特性, 前北渉, 鈴木基史, 中嶋薫, 木村健二, 福岡隆夫, 森康維, 第52回応用物理学関係連合講演会(埼玉大学), 29a-YZ-8, 2005.3.29

  4. 44)電子顕微鏡における金ナノ粒子の凝集過程の観察, 倉本亮介, 村田佳隆,森康維,福岡隆夫, 化学工学会第70年会(名古屋大学), B307, 2005.3.24

・2004年

  1. 45)金ナノ粒子の液中ナノ構造制御と粒子プラズモンの利用, 福岡隆夫, 京都府地域結集型共同研究事業計測・観測技術ワークショップ(同志社大学), 2004.6.26

  2. 46)金ナノ粒子集合による表面増強ラマン散乱を利用した新しい分析法, 福岡隆夫, 森康維, 第65回分析化学討論会ミニシンポ「プラズモン応用センシング技術」(琉球大学), J1009, 2004.5.15

・2003年

  1. 47)銀ナノ粒子の磁場中表面増強ラマン散乱, 二森茂樹, 和田仁, 福岡隆夫, 第7回新磁気科学シンポジウム(つくば市), P36, 2003.11.6

  2. 48)SERS発現のための金ナノ粒子の凝集制御, 倉本亮介, 福岡隆夫, 小関貴, 森康維, 2003年度粉体工学会秋期研究発表会(コスモスクエア国際交流センター), S1-16, 2003.10.21

・2002年

  1. 49)金ナノ粒子の液中ナノ構造制御と近赤外表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 関西学院大学近赤研セミナー「表面プラズモンを用いた分光の最前線」(関西学院大学), 2002.10.26

  2. 50)金ナノ粒子のSERS特性, 福岡隆夫, 日本化学会第81春季年会特別企画「金ナノ粒子の新領域」(早稲田大学), 3S7-12, 2002.3.28

・2001年以前

  1. 51)金・板状粘土複合ゲル体の構造と表面増強ラマン散乱活性基質への応用, 中村圭太郎, 福岡隆夫, 森康維, 化学工学会第34回秋季大会(北海道大学), A324, 2001.9.30

  2. 52)金・粘土共存ゲル体の調製と表面増強ラマン散乱特性, 中村圭太郎, 福岡隆夫, 栗本剛, 森康維, 粉体工学会2000年度秋期研究発表会(幕張プリンスホテル), BP-10, 2000.11.16

  3. 53)金コロイドの生成における共存物質の分子量の影響, 中村圭太郎,福岡隆夫,森康維,三宅義和, 化学工学会第64年会(名古屋工業大学), H217, 1999.3.26

  4. 54)改質した診断用材料の表面物性と構造, 大久保章夫, 福岡隆夫, 松川公洋, 井上弘, 化学工学会第29回秋季大会(同志社大学), N105, 1996.9.19

  5. 55)超音波による化学発光を利用したタンパク質等の定量, 福岡隆夫, 辻本順一, 原正, 日本分析化学会第35年会(岡山大学), 3A16, 1986.10.13

  6. 56)超音波化学発光によるタンパク質の分析, 福岡隆夫, 原正, 日本化学会第52春季年会(同志社大学), 1I16, 1986.4.1


【学会発表(ポスター)】

  1. 1)SERS活性金ナノ粒子集合体の偽造防止技術ステルスナノビーコンへの応用, 福岡隆夫, 春井里香, 奈良明司, 日本分析化学会第63年会(広島大学東広島キャンパス, 東広島市), P3001, 2014. 9.19.

  2. 2)オプトフルイディクスへの統合化を指向したSERS活性三次元構造体, 高橋亮, 福岡隆夫, 吉田充宏, 内海裕一, 第25回化学とマイクロ・ナノシステム研究会(崇城大学, 熊本), 1P17, 2012.5.17.

  3. 3)貴金属ナノ粒子集積構造によるマイクロ流路検出系の構築, 福岡隆夫, 森康維, 福岡大翼, 内海祐一, 日本分析化学会第58年会(北海道大学, 札幌), P2090, 2009.9.26.

  4. 4)表面増強ラマン散乱をバイオ分析に応用するための総括的検討, 福岡隆夫, 森康維, 日本分析化学会第58年会(北海道大学, 札幌), P3110, 2009.9.25.

  5. 5)マイクロ流路におけるin situ表面増強ラマン散乱測定, 福岡隆夫, 田部雅也, 森康維, 福岡大翼, 内海祐一, 日本化学会第89回春季年会(日本大学, 千葉), 3PC155, 2009.3.29.

  6. 6)表面増強ラマン散乱(SERS)基板, 岡茂樹, 川合得義, 鈴木基史, 木村健二, 福岡隆夫, 第2回化学センサー・バイオセンサーおよび計測技術合同ワークショップ(幕張メッセ), AM-2, 2008.9.4.

  7. 7)機能性物質の高速・高収率マイクロ波合成法-Micro scaleからLarge scaleまで-, 松村竹子, 福岡隆夫, 小島昇一, 榎田宏隆, 木村直人, 分離技術会年会2008(明治大学), SF-8P, 2008.6.6.

  8. 8)マイクロ波合成貴金属ナノ粒子の表面清浄性, 福岡隆夫, 田部雅也, 森康維, 松村竹子, ナノ学会第6回大会(九州大学), P2-080, 2008.5.8.

  9. 9) ファイバープローブ分光モニタリングマイクロ波精密合成装置の開発, 松村竹子, 増田嘉孝, 福岡隆夫, 日本化学会第88春季年会(立教大学), 2PA-198, 2008.3.27

  10. 10)貴金属ナノ粒子コロイドを用いたSERSにおける塩化物イオンによる増感, 福岡隆夫, 森康維, 日本分析化学会第56年会(徳島大学), P2056, 2007.9.20.

  11. 11)汎用検出法としての表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 第1回化学センサー・バイオセンサーおよび計測技術合同ワークショップ(慶應義塾大学), 2007.7.13

  12. 12)マイクロ波精密反応装置による貴金属ナノ粒子の合成と表面増強ラマン散乱への応用, 増田嘉孝, 松村竹子, 福岡隆夫, 森康維, 第1回化学センサー・バイオセンサーおよび計測技術合同ワークショップ(慶應義塾大学), 2007.7.13

  13. 13)マイクロ波精密化学反応装置の開発と化学センサーへの適用, 間山揚郎, 仲野陽敏, 松村竹子, 福岡隆夫, 第1回化学センサー・バイオセンサーおよび計測技術合同ワークショップ(慶應義塾大学), 2007.7.13

  14. 14)貴金属ナノロッドアレイを用いた近赤外SERSイメージング, 福岡隆夫, 鈴木基史, 和田吉典, 中嶋薫, 木村健二, 森康維, ナノ学会第5回大会(つくば国際会議場), PS132, 2007.5.22

  15. 15)半導体マイクロ波精密反応装置の開発と機能性微粒子合成への応用, 松村竹子, 増田嘉孝, 福岡隆夫, 日本化学会第87春季年会(立教大学), 2PA-027, 2007.3.26

  16. 16)貴金属ナノ粒子異方性集合を用いた表面増強ラマン散乱基質, 北川幸夫, 福岡隆夫, 日本化学会第87春季年会(立教大学), 2PA-028, 2007.3.26

  17. 17)半導体マイクロ波反応装置を用いた金ナノ粒子の迅速合成, 福岡隆夫, 小野英世, 間山揚朗, 松村竹子, 第59回コロイドおよび界面化学討論会(北海道大学), P054, 2006.9.15

  18. 18)SERS活性な金ナノ粒子異方性集合ユニットの3D分布, 福岡隆夫, 森康維, 第59回コロイドおよび界面化学討論会(北海道大学), P053, 2006.9.15

  19. 19)異方性金ナノ粒子集合ユニットの3D分布とSERS活性, 福岡隆夫, 森康維, ナノ学会第4回大会(京都大学), PS1-29, 2006.5.19

  20. 20)Nanoparticle Plasmonics for Bioanalysis toward the Intelligent Nanoparticles Unit, 福岡隆夫, 第1回京都バイオ計測・分析フォーラム(京都リサーチパーク), 2006.2.10

  21. 21)無機ナノ粒子をマトリックスとする金ナノ粒子分散薄膜の調製, 福岡隆夫, 森康維, 第58回コロイドおよび界面化学討論会(宇都宮大学), P029 , 2005.9.10

  22. 22)ウェットプロセスによる金ナノ粒子集合体の二次元配列, 篠原渚, 福岡隆夫, 森康維, 第58回コロイドおよび界面化学討論会(宇都宮大学), P037 , 2005.9.10

  23. 23)銀ナノ粒子アレイを用いた4,4'-bipyridylの表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 和田吉典, 鈴木基史, 森康維, 第58回コロイドおよび界面化学討論会(宇都宮大学), P045 , 2005.9.10

  24. 24)金ナノ粒子鎖状集合の合成と表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 倉本亮介, 森康維, 佐々木一哉, 第66回分析化学討論会(北見工業大学), P2012, 2005.5.15

  25. 25)表面増強ラマン散乱のための金ナノ粒子鎖状集合における粒子サイズの影響, 福岡隆夫, 生田修三, 佐々木一哉, 森康維, ナノ学会第3回大会(仙台市民会館)PS4-49, 2005.5.10

  26. 26)動的斜め蒸着によって作製した横長銀微粒子薄膜を用いたローダミン6Gのラマン計測, 福岡隆夫, 鈴木基史, 前北渉, 森康維, 日本化学会第85春季年会(神奈川大学), 2PA-118, 2005.3.27

  27. 27)金ナノ粒子凝集の特異的構造発現, 福岡隆夫, 倉本亮介, 鈴木敦康, 森康維, 第57回コロイドおよび界面化学討論会(山口東京理科大), P0037, 2004.9.9

  28. 28)金ナノ粒子凝集過程の電子顕微鏡によるスナップショット観測, 福岡隆夫, 倉本亮介, 森康維, 日本分析化学会第53年会(千葉工業大学), P3201, 2004.9.3

  29. 29)金ナノ粒子凝集過程のスナップショット観察, 福岡隆夫, 倉本亮介, 森康維, 佐々木一哉, ナノ学会第2回大会(学士会館), 3PS-24, 2004.5.11

  30. 30)表面増強ラマン散乱のための金ナノ粒子の液中ナノ構造制御, 福岡隆夫, 倉本亮介, 森康維, ナノ学会第2回大会(学士会館), 3PS-23, 2004.5.11

  31. 31)トリアゾールを表面増強ラマン散乱のマーカー分子として用いる, 福岡隆夫, 松川公洋, 森康維, 日本化学会第84春季年会(関西学院大学), 1PB145, 2004.3.26

  32. 32)金ナノ粒子集合の局在プラズモンを利用したオリゴヌクレオチドの表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 松川公洋, 森康維, 日本分析化学会第52年会(宮城教育大学), 2P77, 2003.9.24

  33. 33)金ナノ粒子集合の調製条件と表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 倉本亮介, 森康維, 第56回コロイドおよび界面化学討論会(徳島大学), P040, 2003.9.10

  34. 34)局在化プラズモン場を用いたNO分子の近赤外レーザーによる検出, 福岡隆夫, 森康維, 松川公洋, 第75回日本生化学会大会(京都国際会館), 4P-544, 2002.10.17

  35. 35)金ナノ粒子テーラーメード集合の創製と評価, 福岡隆夫, 小関貴, 森康維, 日本化学会第82秋季年会(大阪大学), 3PB-029, 2002.9.27

  36. 36)吸着性干渉物質共存下でのSERSにおける安定化基質の効果, 福岡隆夫, 松川公洋, 森康維, 分析化学会第51年会(北海道大学), 1P31, 2002.9.19

  37. 37)金ナノ粒子テーラーメード集合の創製と光特性, 福岡隆夫, 小関貴, 森康維, 松浦幸仁, 松川公洋, 2002光化学討論会(京都テルサ), 2P59, 2002.9.12

  38. 38)近赤外SERS基質としての金ナノ微粒子集合の効果, 福岡隆夫, 森康維, 松川公洋, 第63回分析化学討論会(姫路工業大学), 1P13, 2002.5.25

  39. 39)フーリエ変換表面増強ラマン散乱基質を目的とする金コロイド・スメクタイト複合構造の特徴, 中村圭太郎, 福岡隆夫, 森康維, 日本化学会第81春季年会(早稲田大学), 2PA-060, 2002.3.27

  40. 40)新トリンダー試薬の酸化発色反応における生成色素のナノ微粒子への吸着による濃縮と安定化, 福岡隆夫, 森康維, 日本分析化学会第50年会(熊本大学), 1P1-18, 2001.11.23

  41. 41)長期間安定なコロイドSERS基質をラマン増感試薬として用いた生体成分の分析, 福岡隆夫, 中村圭太郎, 森康維, 松川公洋, 日本分析化学会第50年会(熊本大学), 1P1-19, 2001.11.23

  42. 42)近赤外ラマン分光における表面増強効果の実用化-安定化金コロイドによる簡便な高感度定量分析, 福岡隆夫, 中村圭太郎, 森康維, 松川公洋, 第74回日本生化学大会(京都国際会館), 4P-322, 2001.10.28

  43. 43)水溶液中で固定化した凝集金コロイド基質のFT-SERS特性, 福岡隆夫, 高間利夫, 中村圭太郎, 森康維, 松川公洋, 日本化学会第80秋季年会(千葉大学), 2P7B0, 2001.9.21

  44. 44)スメクタイト分散液中における凝集金コロイドのFT-SERS特性, 福岡隆夫, 中村圭太郎, 森康維, 松川公洋, 第54回コロイドおよび界面化学討論会(明星大学), P028, 2001.9.18

  45. 45)長期間安定な金ハイドロゾルを基質とする近赤外FT-SERSと定量分析への応用, 福岡隆夫, 中村圭太郎, 森康維, 吉村由利香, 松川公洋, 第62回分析化学討論会(信州大学), 1P21, 2001.6.1

  46. 46)ナノサイズの層状ケイ酸塩で安定化させた金ハイドロゾルを基質とするピリジンのFT-SERS, 福岡隆夫, 栗本剛, 中村圭太郎, 森康維, 吉村由利香, 松川公洋, 日本化学会第79春季年会(甲南大学), 2PB107, 2001.3.29

  47. 47)二リン酸イオンで構造化させた合成スメクタイト粘土修飾電極, 福岡隆夫, 勝木幸治, 中村圭太郎, 森康維, 日本化学会第79春季年会(甲南大学), 2PB226, 2001.3.29

  48. 48)合成スメクタイトのエクスフォリエーション, 福岡隆夫, 中村圭太郎, 森康維, 日本化学会第78春季年会(日本大学), 2PB179, 2000.3.29

  49. 49)無機微粒子ゲル膜を用いた光検出センサーの作製, 福岡隆夫, 中村圭太郎, 森康維, 日本化学会第76春季年会(神奈川大学), 1PB040, 1999.3.28

  50. 50)紫外線照射ポリスチレン表面のAFM観察, 福岡隆夫, 鈴木邦夫, 森康維, 日本化学会第76春季年会(神奈川大学), 1PB180, 1999.3.28

  51. 51)水溶性高分子共存下での金コロイドの生成挙動, 中村圭太郎, 福岡隆夫, 森康維, 第51回コロイドおよび界面化学討論会(千葉大学), 3P61, 1998.9.26

  52. 52)酵素を包括した無機微粒子アセンブリのオプトードへの利用, 福岡隆夫, 中村圭太郎, 森康維, 第51回コロイドおよび界面化学討論会(千葉大学), 2P48, 1998.9.25

  53. 53)紫外線照射による親水化表面の作製と臨床診断デバイスへの応用, 福岡隆夫, 大久保章夫, けいはんな発RSP新技術フォーラム'98(けいはんなプラザ), 1998.8.21

  54. 54)紫外線照射による親水化表面の作製と臨床診断デバイスへの応用検討, 福岡隆夫, 大久保章夫, 平井香, 機能表面創製研究会第1回研究会(京都リサーチバーク), 1998.6.12

  55. 55)酵素を無機微粒子アセンブリに包括した光検出センサー, 福岡隆夫, 森康維, 日本化学会第74春季年会(同志社大学), 2PB109, 1998.3.28

  56. 56)スメクタイト分散液中での金コロイドの生成とその複合ゲル化, 中村圭太郎, 福岡隆夫, 森康維, 日本化学会第74春季年会(同志社大学), 1PB141, 1998.3.27


【その他講演】

  1. 1)ステルスナノビーコン-ナノ粒子集合体のナノフォトニクスを応用した偽造防止技術, 福岡隆夫, サーモフィッシャー IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2014.

  2. 2)SERS活性な金ナノ粒子三次元自己集合体-移流集積による嵩高い構造体の合成, 福岡隆夫, 高橋亮介, 内海祐一, 山口, サーモフィッシャー IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2014.

  3. 3)ステルスナノビーコン, 福岡隆夫, 田中貴金属グループ「貴金属に関わる研究助成」ゴールド賞受賞記念講演会(JPタワーホール&コンファレンス), 2013.8.23

  4. 4)近赤外光検出オプトフルイディックデバイスのための金ナノロッドアレイ, 福岡隆夫, 吉田充宏, 高橋亮, 鈴木基史, 内海裕一, 兵庫県立大学高度産業科学技術研究所先端技術セミナー2012(イーグレひめじ), 21, 2012.4.27

  5. 5)接触角ヒステリシスに着目した臨床診断デバイス, 福岡隆夫, 大久保章男, 森康維, 内海裕一, 兵庫県立大学高度産業科学技術研究所先端技術セミナー2012(イーグレひめじ), 22, 2012.4.27

  6. 6)表面増強ラマン散乱のための3次元構造体の作製, 高橋亮, 福岡隆夫, 内海裕一, 兵庫県立大学高度産業科学技術研究所先端技術セミナー2012(イーグレひめじ), 26, 2012.4.27

  7. 7)SERSを用いる金ナノロッドアレイ化学センサー, 福岡隆夫, 春井里香, 奈良明司, 鈴木基史, サーモフィッシャー IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2011(御殿山ガーデン), 2011.5.20

  8. 8)金ナノ粒子異方性集合体の制御安定化とSERSバイオアッセイへの応用, 福岡隆夫, 森康維, サーモフィッシャー IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2011(御殿山ガーデン), 2011.5.20

  9. 9)SERSを用いる金ナノロッドアレイ化学センサー, 福岡隆夫, 春井里香, 奈良明司, 鈴木基史, サーモフィッシャー IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2011(千里ライフサイエンスセンター), 2011.5.18

  10. 10)金ナノ粒子異方性集合体の制御安定化とSERSバイオアッセイへの応用, 福岡隆夫, 森康維, サーモフィッシャー IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2011(千里ライフサイエンスセンター), 2011.5.18

  11. 11)表面増強ラマン効果を用いた超高感度分子センサー, 吉田充宏, 福岡隆夫, 内海裕一, 兵庫県立大学春季発表会(兵庫県立大学), 2011.4.1

  12. 12)金ナノ粒子の高アスペクト比自己集合と分子センシング, 福岡隆夫, 吉田充宏, 内海裕一, 倉本亮介, 森康維, 兵庫県立大学高度産業科学技術研究所先端技術セミナー2011(イーグレひめじ), 2011.3.3

  13. 13)SERSを利用した微粒子表面状態計測とインテリジェントナノ粒子ユニットへの応用, 福岡隆夫, 京都府地域結集型共同研究事業平成19年度研究成果報告会(けいはんなプラザ), 2008.4.25

  14. 14)金ナノ微粒子を利用したバイオセンサーとしての機能を持った低価格ラマンセンサーの開発, 福岡隆夫, 清水健彦, 神奈川県平成19年度ものづくり技術交流会(神奈川県産業技術センター)2007.10.25

  15. 15)マイクロ波精密合成した貴金属ナノ粒子のプラズモン分光への応用, 福岡隆夫, クロニクスナノテクセミナー(新都ホテル, 京都), 2007.8.24

  16. 16)マイクロ波精密合成した貴金属ナノ粒子のプラズモン分光への応用, 福岡隆夫, クロニクスナノテクセミナー(博多都ホテル, 福岡), 2007.8.23

  17. 17)金ナノ粒子の「光」を利用したバイオ解析, 福岡隆夫, 南都銀行第4回元気企業ビジネスフェアNANTO(マイドーム大阪), 2005.10.28

  18. 18)金ナノ粒子鎖状集合とプラズモン分光によるその評価手法の開発,  福岡隆夫, 京都府地域結集型共同研究事業平成16年度成果報告会(けいはんなプラザ), 2005.3.17

  19. 19)液中ナノ秩序構造を利用した新規なバイオ解析技術, 福岡隆夫, 京都ビジネスパートナー交流会2005(京都国際会館), 2005.2.10

  20. 20)ナノ粒子とマイクロ流路系, 福岡隆夫, 株式会社ワイエムシー社内セミナー, 2004.12.17

  21. 21)金ナノ粒子の液中ナノ構造制御と表面増強ラマン散乱, 福岡隆夫, 技術情報協会セミナー「金属ナノ粒子の表面プラズモンの基礎・応用・評価」, 2004.8.24

  22. 22)表面増強ラマン散乱と金コロイド・金ナノ粒子の集合化とプラズモン分光への応用, 福岡隆夫, 田中貴金属工業株式会社社内セミナー, 2004.7.12

  23. 23)金ナノ構造形成のスナップショット観察, 福岡隆夫, 倉本亮介, 森康維, 京信産学公交流フォーラム(京都国際会館), 2004.5.24

  24. 24)金ナノ粒子の液中ナノ構造制御による高感度センシング, 福岡隆夫, 近畿経済産業局「大学発ベンチャー創出・支援フォーラム」(大阪産業創造館), 2004.3.22

  25. 25)ナノ微粒子の界面制御による表面増強ラマン散乱基質の創製に関する研究調査, 福岡隆夫, 課題対応研究調査事業成功事例成果報告会(広島国際会議場), 2004.3.2

  26. 26)安定な局在化プラズモン場の創製によるフーリエ変換表面増強ラマン散乱の実用化, 福岡隆夫, ニコレー ユーザーズミーティング2002(千里ライフサイエンスセンター), 2002.5.23

Works